自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

とあるセールスマン

a0064927_23495515.jpg 先日弱音みたいなことをブログで書いたら、笑いながらこんなセールスマンがやって来た。
「この世は老いも若きも男も女もココロの寂しい人ばかり。そんなみなさんのココロをお埋めします。いいえ、お金は一銭もいただきません。お客さまが満足していただければそれが何よりの報酬でございます」だって。・・・どっかで聞いたセリフ。
「困ったときは『Bar魔の巣』ヘお越しください。」
オーホッホッホッホ・・・!!
と、笑って帰っていった。

(-_- ;)ハア…。
スキマだらけなのだろうか。
「魔の巣」だけには行かないように気をつけよう・・・。

↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-11-12 00:03 | ●オイラのひとり言

お知らせです

 ライターのお仕事をさせていただいている雑誌「21世紀の日本を考える№43号」農文協)が出版されました。

 今回の特集は、この4月に「後期高齢者医療制度」が導入されましたが、そんな医療制度とは無縁な、「健康長寿社会」の実現、「生涯健康現役社会」の実現に向け安心して生活できる、そして次世代にも引き継げる地域環境整備に向けた「ビジョン」づくりがテーマになっています。オイラは、第一部の先行事例集で、福島県鮫川村の「まめで達者な村づくり事業」について記事にしています。ご購読のほどよろしくお願いします。

<鮫川村の記事のさわり>
a0064927_20221897.jpg 人口4,200人あまりの鮫川村では、住民投票で合併を反対。自立の道を歩む。それでも高齢者率30%以上の村では、村の主産業である農業と高齢者の技術・技を結びつけ、ムラの元気を取り戻そうとしている。それが「まめで達者な村づくり」事業。これは、村の高齢者が各自で持っている知識と技術を活かして大豆づくりをしてもらい、身体を動かし、収穫の喜びを味わい、大豆とそれからできる加工品を家族と食べて健康を喜ぶというもの。元気なa0064927_20285990.jpg高齢者を増加させ、老人医療費や介護給付費の減少とあわせて、村に誇りや自信をとりもどし、農業収入の増加、生きがいづくりを図っていこうという。大樂村長の発案でスタートした(写真)。 今年5年目を迎え、8,000万近くの医療費の削減(総医療費の7%減)と、この高齢者の元気が村の再生に大きな道筋を開きはじめている。

≫続きは本誌をご覧下さい・・・。

a0064927_18571769.jpg雑誌「21世紀の日本を考える№43号」
(A5判・96頁 頒布価格 600円(税込)/送料100円) 

○特集テーマ

「農村に学ぶ『健康現役社会』の実現の道」
-「生涯現役」地域形成の先行事例と提言
【第1部】「健康現役社会」への先行事例
(取材した鮫川村を含む8地域の事例集)
【第2部】「健康現役社会」実現への提言
(農水省・専門家たちによる提言集)


※お申込みはお近くの書店、または農文協まで
≫購入する


○この記事に関するブログ内のオイラの取材歩記
9月24日ブログ投稿を読む
9月25日ブログ投稿を読む


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-11-10 20:39 | ●お知らせ

最近はねぇ・・・

 今日はホント久しぶりの休みだ。たまってる仕事もまだあるんだけど、とりあえず今日は自分の時間を取り戻している感じ。

 ここ数ヶ月バタバタしてたこともあって、ふと自由な時間が与えられると何をしていいのか分からなくなる。そうすると、なんかねぇ、知らずに最近の自分を振り返ってみたりとかいろいろ考えてしまう。要領も悪いし段取りも悪いし、オイラ何やってんだろうなぁって。最近はなんかこう全てにおいて空回りしてる。

 仕事でもプライベートでもそう。要領や段取りの悪さに加え、ひとりよがりだったり、早とちりしたり、伝わってるものも伝わってなかったり、後悔や失敗があってもそれを何かのせいにしようとしたり、つい先日も言いたいことがあったのに言えなかったり・・・and more。

 昨日、今日とねぇ、なんかこう、いろいろ考えてしまいましたよ。ブログカテゴリ的には「オイラのひとり言」なんだけど、「ひとり言」というよりは、オイラの「愚痴」か、いや「つぶやき」か。いやいや「叫び」?・・・やっぱオイラの「弱音」か。でも違う。「いいわけ」だ。なんだかんだいって自分を守ろうとしているのかもしれない。

 でも、ま、こんな空回りばっかりだけど、とりあえず明日から、またこのバタバタ続きが始まる。このバタバタな日々にまたしばらく身を委ねてみよう。何かが見つかるかもしれない。・・・ん?そういえば、オイラ休みの日っていつも何してたんだろう。休日の過ごし方さえ、最近は分からなくなってきた。


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-11-09 15:47 | ●オイラのひとり言
a0064927_3342313.jpg オレの名前は「チョッパー」。・・・というらしい。このブログの持ち主「中田ヒロヤス」にとりあえず飼われてやってあげている黒猫だ。
 若い頃に無理やり去勢させらちまったけど、オスだ。
 猫っつーのは、この肉球があってなかなかパソコンのキーが打ちづらい。
 ま、今回もまたまた飼い主へのウップンがあるので、頑張ってちょっとだけ書かせてもらうわ。

 この飼い主、しばらくは出張だなんだかんだとあっちこっち行って、家に帰るというよりは着替えやシャワーを浴びに寄るだけみたいな生活をしていたんだが、最近はちったぁ~、遠出の出張もなく仕事も少し落ち着いてきたようで、オイラのエサもおかげさんで「ハイ何日分」だなんていったてんこ盛りにならなくて済んでは一応いる。まー、とりあえずは一安心だが、相変わらず夜遅くまで仕事をしてるみたいでよ。帰ってきてはオイラのエサ皿に、そんなにうまくもねぇカリカリエサを追加しては、そのままベッドにバタンしてるわ。
 
 ま、オイラもオイラで相変わらず、とりあえずは猫らしく「ニャーニャー」いいながらノドまで鳴らして猫っぽいふりをするものの、人間の世界じゃ「猫じゃらし」って道具か?そいつをしょがなさそうにベッドの上で横になりながらオイラの前でフリフリしやがる。
 しかし悲しいかな。猫っちゃこういうもん見ると本能的っていうんか?思わずおっかけてしまうんだ。いや~、悔しい。・・・と、しばらくするとその手が止まる。寝てやがるんだな。まったくよ。オイラ一匹でこの飼い主の家の留守番してやってんのに、この態度はなんだ!って今日もとりあえず飼い主に分からない場所の柱をひっかくくらいしか抵抗できないのも情けないよな。ま、そんなことは日常茶飯事だからいいんだけどよ。

 ところで飼い主さんよ。ついに11月になっちまったぜ。この前も初雪が降ったし。いくら飼い主さんがよ、日中いないからといってストーブに火つけないのはそろそろどうかと思うぜぇ。灯油代がもったいないのも分かるが、いくらオイラも毛で覆われているからといっても寒いもんは寒いぞ!
a0064927_411723.jpg
 帰ってきてから点けてもあったまる前に寝やがるんだから別に飼い主はいいかもしれねぇが、そろそろ飼い主さんよ。日中も弱火で常時ストーブ点けてもいい時期にきてるんじゃねぇかなぁ。オイラもよ、さすがに日中寒くなってきたぜぇ。だから、飼い主さんのベッドのはじっこに毛玉があるだろ。そこ、日中オイラがま~るくなってるところ。頼むぜ。

 ま、そんな「チョッパーのひとり」言だ。また何かあったら書かせてもらうわ。


↓1日1回「ポチッ」とニャ。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-11-02 04:20 | ●チョッパーのひとり言

お知らせです

 都会の人が農家に宿泊しながら農作業体験を行なう「農家民泊」の説明会が旭川市で市内の農家さんを対象に行なわれます。

a0064927_10415776.jpg 近年、都市部の住民や教育現場で注目を浴びている農業体験や農村生活体験。癒しやゆとりやすらぎなどを農村へ求める一方、農村側も生産の現場を知ってもらいたいこと、また農村地域の活性化を目的に、都市と農村の交流(グリーン・ツーリズム)が広がってきている。とくに、ここ数年は本州からの修学旅行での体験が多くなってきている。総合的な学習の時間の設置と、修学旅行自体が体験型に変わってきていることから、とくに農村の持つ教育力に注目が集まってきている。
 
 オイラの会社でも、草の根的に農家さんの協力を得ながら受け入れ体制の整備を行なってきており、東川をはじめ、旭川、剣淵、和寒等受け入れ協議会等の立ち上げに関わりながら、弊社が受入れ窓口となって農業体験の受け入れを行ってきている。このような状況の中、学校や旅行会社からは農泊体験の要望も高まってきており、昨年においては東川町で約30戸の農家さんが農家民泊の許可(旅館業法簡易宿所)を取得した。

a0064927_1033980.jpga0064927_10293720.jpg





 

  (写真左:ネギの選別作業の様子、写真右:自分たちでおにぎりづくり)

 ここ旭川周辺では、今や全国区の人気を誇る旭山動物園もあり、修学旅行においては北海道でまず行く候補地に上がってきており、その周辺での体験学習の受け入れ体制も急務になってきている。受け入れ側も、地域の魅力を発信する可能性のひとつとして、農業体験、または農家民泊の受け入れをしてみませんか? 
 説明会では許可に必要な設備や手続きなどについて説明があるほか、今月旭川市内で先行して許可を取得していただいた農家さんの受け入れ報告などもあります。ちなみに、オイラもアドバイザー的に全国での農泊の実践事例等についてお話したりもします。是非、興味のある農家さん。参加していただければと思います。

【詳細日程】
■期 日 平成20年10月30日(木)
■時 間 14:00~
■場 所 花菜里ランド(旭川市神居町雨紛)
■内 容 農家民泊実践事例等について
       ・農家民泊とは(有限会社アグリテック 中田浩康氏)
       ・農家民泊受入農家の声(東鷹栖農民同盟 高見一典氏)
       ・開業にあたって(旭川市保健所)
       ・取得手続き等について(旭川市農政課)
■対 象 市内の農業者の方、農家民泊に興味のある方
■お問合わせ 旭川市農政課農政係 TEL0166(25)7417(担当:及川)

(ちょっと自分で自分に「氏」をつけるのはいかがなものかと思うオイラです・・・。(^_^;))

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-10-29 10:43 | ●お知らせ
 ちょっとブログの更新してなかったので、ブログ上ではいつまでも札幌にいるような感じだったが、12日には札幌から旭川に戻ってきていた。今回は同じ北海道内の出張だったが、ホント遠くまで行ったって感じがして、2泊3日だったんだけど、旭川駅についた途端、やっと帰ってきたって感じがした。今回のお仕事の内容は、後日、現地レポートという形で、ブログにも紹介しますね。

 ところで、このところ、いろいろ考えることが多い。バタバタ感のある仕事もやっと落ち着いてきたけど、相変わらず要領の悪さは変わってない。ま、それもあるかもしれないけど、段取りが悪かったり、企画がうまくいかなかったりと、ひとつひとつしっかりやっていかないとなぁと思うこの頃。
 そんな折、仕事関係で深くお付き合いさせていただいている方の突然の訃報が飛び込んできた。自ら…らしく思いもよらないまさかだった。オイラだけではない。すべての人がそう思った。なぜそんなに急いでしまったのだろう。お通夜で、こんな説法を聞いた。念仏とは小さな声でも大きな声でも、まず自分で声に出し念仏し、その声を自分の耳で聞くことで、仏との一体感を確認して、この厳しい現実を念仏とともに生きぬこうという表現方法のひとつだそうだ。念仏の「念」は「今」の「心」と書く。何か大きな壁や厳しい現実につきあったったとき、今の自分はどう?と心に聞くことでふと立ち止まって考えようということだともいう。宗教的なものに関心があるわけではないんだけど、オイラ自身、先日誕生日を迎えたばかりで、親にも感謝しつつ、すばらしい1年を迎えられるように、そして一方で過去を振り返ってこんな歳になってしまったけど、どうなんだ?って誕生日のその日にオイラなりにいろいろ考えて、結局、答えも何も出てくるわけなかったんだけど(あ、曲が1曲勢いでできたけど)、とりあえず今日もあるがままを暮らしているわけで。・・・念仏ではないけれど、もう一度、自分の声を聞いて、ふと自分を見つめなおすということは大切だ。・・・自分の声を聞いて思いをとどめてくれていればと思うと残念で無念だ。ご冥福をお祈りいたします。
 そして、昨日はグループ会社の同僚が退職することでお別れ会もあった。自分の可能性を仕事する場を変えて挑戦したいという。こちらは生き方の選択だ。今のオイラにはこんな思い切った選択はできない。そもそもオイラ自身、前の会社を辞めて、何を思ったのか、「試される大地北海道」で「試されよう」との思いだけで、7年前に身ひとつで北海道に来た時点で、すでに思い切った選択だったかもしれない。今でも日々、こうやって試され続けているわけではあるんだけど・・・。
 
 ま、そんなんで、いろいろ考えてしまう今日この頃。考えるヒマがあったら、まず今目の前にある書類の山と、たまっている仕事を片付けてからにしろってね。さて、気持ちを切り替えて行きましょうね!


↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-10-16 10:56 | ●本日の話題

函館→札幌へ

 今日は函館を後にし札幌泊。
a0064927_8142630.jpg
(写真1:ホテルの窓から札幌の夜景をのぞむ)

 函館から札幌まではまたJRのスーパー北斗で移動。昨日の状況をみて、今回は早めに駅によって自由席を確保した。始発駅ということもあって、案の定ガラガラだったので、札幌までの3時間30分、少しは楽に移動できた。

 さすが函館駅は、JRの北海道表玄関ということもあって、青森行きの特急白鳥なども停車しており、列車の写真を撮ろうと鉄道マニアの方もちらほら。出発まで、少し時間があったので、オイラも写真を撮ってみた。男っていうのは誰しも潜在的にこういった乗り物系に興味はあると思う。なんかよく分からないけど心の奥のほうをくすぐられるところがある。女はお人形さんにといったところか。ホームに誰もいなかったこともあり、ちょっと恥ずかしかったんだけど、撮った写真がコレ↓。
a0064927_8264214.jpg
(写真2:特急「スーパー北斗」の顔)

 鉄道マニアのみなさんに言わせればダメ出しの嵐だと思うけど、生まれてはじめて列車の写真なんて撮ってみた。いや~、なんかヤバイ。こんな感じがしてしまうのは、分かっていたが、いざ、カメラを片手にファインダーをのぞきこんだ瞬間、なんか武者震いがした。で、1枚だけ撮ってやめたんだけど、鉄道マニアのみなさんの気持ち分かるような、ファインダー越しにのぞく列車の勇姿、駅舎の趣など、見えない部分が見えてしまうようで、このままあと数枚シャッター押してたらこれはヤバイ、ハマッてしまうと思った。

 そのほか、今日の仕事が終わって、列車の出発時刻まで時間が少し空いていたので、なかなかこっちにこれないので、ちょっとプチ函館観光をしてきた。明日も頑張ろう!

a0064927_8373590.jpg
(写真3:五稜郭。タワーにのぼってみた。上から眺めることができない時代に、よくこんな正確な設計ができるもんだなぁと見入ってしまった。中央に見えるのは、なんか天守閣?の復元にむけて工事をしているという)

a0064927_8374635.jpg
(写真4:五稜郭タワーの施設内にある土方歳三さん。男が見ても二枚目だ。)

a0064927_8375997.jpg
(写真5:函館山より函館市街を見る。函館夜景のスポット。この日はちょっと雲っていたけど、昼間でも、素晴らしい景色。)


↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-10-11 23:10 | ●本日の話題
 あっちこっち、そっちこっちと最近出張が多い。とうとうウチのチョッパーにも飼い主の愚痴をブログに書き込まれる始末だ。
 というわけで33歳を無事迎えたオイラだけど、日々の生活は変わることもなく、相変わらず要領悪く多忙を極め、今オイラは仕事で函館にいる。旭川から列車に揺られて6時間。遠かった・・・。
a0064927_22584214.jpg
(写真1:ホテルからの眺め。有名な「函館の夜景」・・・ではありません。JR函館駅の近くのホテルから、函館駅方面の夜景。手前に有名な函館朝市の看板とその奥にあるのが駅舎。わかりずらいかも・・・。) 
 
 ホントは旭川-函館間を飛んでいる飛行機(HAC)で来る予定だったんだけど、空席状況を調べても全然空いているし、経費関係の申請をしたのちたまっている仕事をして、いざ予約とろうとしたら、どこの誰の策略か、いつの間にか満席になっていた。
 で、JRで行くことにしたんだけど、旭川に住んでいる人間でさえ、函館っていうと同じ北海道なのに異国の地に行くようなもんで、みんなそろって「遠いぞ」とか「時間かかるぞ」と脅す。「車でなんてとんでもない。運転疲れから事故を起こしかねない」とも釘をさされ、JR特急で行くことに。
 旭川-札幌間はいつも使っているので要領は分かっていたが、札幌-函館間は特急スーパー北斗という列車を使うのだが、これがなんと7両編成中1~5号車までが指定席。自由席はわずか2両。みんなどこまで向かうのか。指定席は満席御礼のアナウンス。自由席は乗車率150%といったところか。当然、オイラはそんなこと知らないので「とりあえず座れるべ」と思っていたが、結局座れるとこはなくデッキで立ちっぱなしで揺られることに・・・。

 ちょっと、札幌-函館間を甘くみてた。時間帯にもよるかもしれないけどね。旭川より6時間。せっかくの時間を無駄にしないように、車窓からゆったりと北海道の風景を眺めながら、PCで仕事でもしようと思ってたのが、立ちっぱなしの体力を使う仕事になってしまった・・・。
 で、ようやく座れたのがJR函館線にある森駅を越えたところ、もう次は五稜郭駅-終点函館だ。座れたのはわずか30分くらい。座ったとたん一気に睡魔に襲われ、ゆったりとした車窓からの眺めはどこへやらだった。
 
 まさか、こんなに指定席車両があるとは。航空券をはじめ、JR調べにしても段取りが悪かった。これだけではない。なんか、最近段取りが悪いことが多い。あれもこれもでバタバタしすぎているっていう言い訳をして、ちょっと余裕をもった仕事をするようにしよう。

 で、着いたのが22:00。立ちっぱなしでおなかも減った。ということで、早速食事へ。やっぱ、函館といったら、海産物。というわけで、函館方面はよく分からないが、ホテルの近くの丼もののお店がまだ開いていたので、迷わず寄る。美味しい海産物はいっぱいあるけど、函館といったらまずはやっぱり「イカ」でしょう!ということで、イカ焼きお願いする。(それと、ビールも)。
a0064927_018010.jpg
(写真2:イカ焼き。さっきまで生きていた)
 
 店内にある生けすから、イカをザパーとすくってはそのままさばいて、焼いていた。う~ん。うまい!ビールがすすむね!
 で、最後に「海の幸をご飯と一緒に」ということで、トッピングを選べる「三色丼」をお願いする。トッピングは、「イクラ」「ウニ」「ホタテ」にした。
a0064927_019210.jpg
(写真3:ウニ、イクラ、ホタテがまぶしすぎる~!ホタテもさっき生けすからすくいあげてさばいたもの。醤油かけたら、「やめてくれーっ」てホタテくんがキューって動いた。ちょっとビックリ。まだ生きていた。)

 いやー、うまい!うますぎるー!久しぶりにウニなんて食った。美味しかった~。ひとりだから、なかなか知らないところで、お店に入るのは勇気はいるけど、ここはアタリかな。なんたって、ビールとイカ焼きとこの丼もので2,500円。けっこう、こういった類の丼ものシリーズは値が張るものなんだけど、ちょっとリーズナブルかも。
 ま、ちょっと立ちっぱなしの列車の旅の疲れは少し癒された。明日からガンバろ!(いや、明日「も」だ)。

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-10-11 00:24 | ●本日の話題
a0064927_22335915.jpg オレの名前は「チョッパー」。・・・というらしい。
 このブログの持ち主「中田ヒロヤス」にとりあえず飼われてやってあげている黒猫だ。若い頃に無理やり去勢させらちまったけど、オスだ。


 猫っつーのは、この肉球があってなかなかパソコンのキーが打ちづらい。ま、頑張ってちょっと書かせてもらうわ。

 この飼い主。最近は忙しいんだかなんだか分からねぇけど、全然帰ってきやしねぇ。まだ帰ってくるならまだしも、最近じゃ、帰ってきたなと思いきや、家に寄ってはテキトーにオイラにエサをあげて、バタバターと着替えてはまた出て行く始末。

 この前なんじゃヒドイんだゼ。いつものように、「よう、チョッパー。1日ぶりっ!」なんてどっかの出張から帰ってきた。ま、確かに1日ぶりってこともあって、オイラも猫らしく「ニャーニャー」と鳴いてノドをグルグル言わせてみて、かまってあげてやろうじゃねぇか、なんて思ったら、なんか「飛行機遅れるー」とか「間に合わねー」とかあーだこーだ叫びながら、着替えとか何かの書類とか荷物をまとめてんだなぁ。「またオレをおいて出張か?」って思ってたら、おっきなどんぶり茶碗2つにオレのエサが山のように積んであった。水も、味噌汁茶碗みたいの3つにたっぷり入れてあるじゃねーか。・・・と、思った次の瞬間。「じゃぁな、チョッパー。ちょっと行ってくるわ」なんて言ってまた出かけていきやがった。

 ま、前もこんな山盛りのエサのときがあって、そんときも2~3日帰ってこなかったから、またしばらくすりゃ帰ってくるだろぅって思って、「オレの家だニャー」ってゴロンゴロンしてたんだけどよ。
a0064927_2384835.jpg
 この飼い主、ぜんぜ~ん帰ってきやしねぇ。いやぁ、悲しいかな。分かっちゃいるけど、猫ってのは、そこにエサがあればあるぶん思わず食べてしまってよ。5日目あたりにさすがに、

a0064927_2344719.jpg


「やばい」


って思った。




 
 で、結局1週間くらいして帰ってきたんだけどよ。詳しくは9月23日の飼い主の書き込み読んでみな。オイラにエサやって・・・みたいなことも書いていやがるから。はぁ~、まったくこのまま餓死するかと思ったぜぇ。

 でもよ、なんか忙しいピークは落ち着いたようらしい。明日、7日は飼い主の誕生日だっていうのにこう忙しいんじゃ、自分の誕生日も忘れてんだろうな。ま、祝ってくれるような彼女もいないみたいだしな。女っ気ない家なんで、おかげでオイラもマメに毛づくろいして身なりを気にしなくていいから気が楽だけどよ。
 
 ま、こんな調子で、ときどきオレも「チョッパーのひとり言」で飼い主へのうっぷんを書かせてもらうわ。
 
 ところで、オレの誕生日はいつだ・・・?。とりあえず、飼い主は7歳だって言っているけど。

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-10-06 23:28 | ●チョッパーのひとり言
今日は携帯から。

今日は取材最終日。鮫川村を後にし久しぶりに栃木の実家に帰省。居候しながら原稿書きの真っ最中。

今日は「まめで達者なむらづくり」で実際にダイズづくりを行っている78歳のご夫婦に話を聞いてきた。

鮫川村では70歳、80歳はまだまだ農業現役世代で田や畑を守ってきた世代。しかしやめたくてもやめられない世代でもある。

次期高齢者にいかに自分の郷土(地域)を引き継ぎ、また農業(地に足をつけた暮らし)を守っていくかに対する思いを聞くことができた。

続きは記事になってから…。

ではでは。

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中
[PR]
# by agtec | 2008-09-25 23:59 | ●まちづくり関係コラム