自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー

<   2007年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 2000年4月の地方分権一括法の施行により、住民に関わる身近な行政は国(中央)ではなくできる限り地方が行うこととして、各市町村自治体が自主性と自立性をもって十分に対応するような措置がとられてから、郵便局の民営化(僻地からの撤退)に、平成の大合併、夕張の破綻など、小泉さんが行ってきた痛みを伴う改革によって格差社会と呼ばれて久しい昨今、本政策に掲げる自主性自立性に思わず首をかしげてしまう。住民にとってみれば地域に権限が委譲することによって自分の住んでいる地域により自信と誇をもてる暮らしをわれわれの手でつくっていけるという期待もあったはずだが、フタを開けてみれば痛みばっかりのような気もする。ま、こんなことは広くメディアやマスコミでも取り上げられているのであえて深くは突っ込まないが、暮らしという点でいえば自治体の財政問題に絡む合併などでの行政サービスの希薄化、効率性を優先した公共施設やサービスの縮小化などそこに腰をおろして生活を営んできた住民にとって、「安泰・便利」から「不安・不便」な暮らしへの移行も余儀なくされている地域も多いのではないだろうか。そんな地域の暮らしの中でイチバン地域の人々がコミュニティをつくりやすい場所、それは「学校」。いま、この地域の中の学校にも存続や統廃合など、近年の政策のしわ寄せのように存続の危機に多く直面している地域も少なくない。とくにこのような問題が多い地域は、自治体の財政難による合併や少子化問題も絡みながら、とくに過疎化や住民の高年齢化に伴って中山間地域をはじめ多くの農村部に顕著にみられる。しかし、一方東京の過密地域でも少子化が主な要因であるようだが都心の学校で母校がなくなるという危機に直面しているところもある。
a0064927_162256.jpg
 さて、北海道に目をやれば、オイラの住んでいるとなりの旭川市。この人口36万人を抱える北海道第2の都市の中核都市でさえ、学校の統廃合問題は現実的なものになっている。昨年4月に、旭川の郊外にあり今話題の旭山動物園のある校区に建つ第4小学校が廃校になった。また観光地としても有名な神居古潭地区にある神居古潭小中学校も今年3月に閉校となる。今後も統廃合の予定の学校も数校あるといい、市教育委員会でも適正な学校規模に調整していく予定とのことだ。廃校になった2つの学校の理由はいずれも児童数の減少だそう。豊田の第4小学校では学校がなくなったことで、地域に明らかな変化が起きている。これまで空き教室を活用していた地域の年配の方々が家から出なくなったとか、祭りや運動会などの学校を中心に関わってきた行事もなくなり、地域の人が顔を合わす機会がなくなってきたと地元の校区の住民はいう。
 そんな中、廃校になった地区の有志などにより、この問題を広くみんなで解決・議論していこうと、昨年晩秋に、廃校やこのような問題を抱えている地域地域が情報交換などできるように「廃校と地域づくり・まちづくりを考えるネットワーク」(代表:古屋勝)を立ち上げ、本日、同ネットワークと旭川農業2世紀塾主催(後援:旭川市・旭川大学・東海大学)による、「廃校空き校舎の活用とまちづくり・地域づくりを考える」と題したシンポジウムが開催された。オイラの会社アグリテックでは、地域資源を活用したまちづくりなどのマネジメントや体験観光のお仕事をしており、代表の古屋さんはアグリテックの農業体験の受け入れ農家さんでもあるということも縁で、今回パネルディスカッションにパネラーとしてお声がかかった。で、アグリテックの代表である井下が討論に参加させてもらったのだ(写真▽右から2番目)。
a0064927_16476.jpg
 コーディネーターに佐々木悟氏(旭川大学の副学長、写真左端)、パネラーは井下のほかに、同ネットワーク代表の古屋勝氏(写真左より2番目)、小河幸次氏(東海大学芸術工学部くらしデザイン学科教授、アトリエトムテ理事長、写真右端)の4人。討論テーマは「行政財産を無駄にせず、地域の振興を図る」ということだったが、コーディネーターの佐々木氏より、地域振興、つまり地域づくり、町づくりという視点で、とくに実際に廃校になった旭川の小学校は農村部ということもあり、昨今の農業政策や農業・農村のあり方・展望などに重きを置いた内容でパネルディスカッションは進んでいった・・・。続きは、次回後編で。(つづく)

( 追 伸 )
 尚、このような地域の現状の踏まえ、様々な形で全国津々浦々、町づくりや地域づくりなどの起爆剤に廃校活用や跡地利用などの取り組みが活発に行われている。このような学校の統廃合問題は地域の暮らしや生活、とくに地域が元気になるべき源でもある子育て環境や、近年変化しつつあるいじめ問題や少年犯罪の低年齢化なども広く関係しているような気もする。さらに、学校区における地域内コミュニティーは学校を核とした運動会や学校行事など地域のコミュニティー形成に大きな役割を持つものと考える。で、オイラの他火日誌でも、このような「夢多(ムダ)」話があってもいいだろうと、ブログに新カテゴリジャンルとして「校区コミュニティ」を追加。不定期でコラム的に「夢多(ムダ)」話をしていこうと思う。UPされた際にはこんな「夢多(ムダ)話」にもお付き合いを・・・。
[PR]
by agtec | 2007-01-29 23:47 | ●まちづくり関係コラム

そりゃぁまだ寒いわ

 いや~、久しぶりに今日は旭岳が見えて午前中は空が晴れていた。日差しもよく、ちょっと地元の感覚になっちゃうけど、不思議と氷点下の気温でも暖かいほうだ。とくに家の中にいたら日光のひかりで温められてホントに気持ちいいくらいポカポカ。もちろん車の中も暖房もイチバン最小限にしていてもいいくらい日中は暖かい。さすが太陽さんだね。そんなもんだから、今日のお仕事は事務所で事務処理が主なので、何を勘違いしてか、薄着でいいやと、中に半そでのTシャツと、軽いシャツを羽織っただけの格好だ。しかし、しかしだ。以前も書き込みで書いたけど、この時期って大寒中の大寒、寒さがイチバン厳しくなる時期。旭川でマイナス41℃って日本最低気温を記録した1954年もちょうどこの時期だ。とくに内陸部で盆地は放射冷却で、夕刻になれば一気に気温が下がってくる。今23時現在、オイラの事務所は町はずれのちょろっと小高いところにあるんだけど、会社の外の温度計でマイナス18℃。外に出るとそりゃぁ寒いわ~。さすがにこの格好はなめていた。
a0064927_23394565.jpg
 しかし、みんな北海道って寒い寒いっていうけど、ほとんど家の中や移動も車だったりするので、実は外にいる時間が極端に少ないことと、家の中が暖房でポカポカしているので、そんなに寒さっていうのは実は感じてないんだね。でも、さすがに、今日のオイラの格好は寒い・・・。ただの「ひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-01-27 23:42 | ●オイラのひとり言

飲み会

 今日飲み会に誘われた。遅くまで仕事があったので、とりあえず仕事終わったあとにまだ会場にいるんだったら顔を出すということにしていた。ちょっと打ち合わせが長くなってしまったが、連絡してみるとまだヤンヤヤンヤやっているということで行くことにした。というのも、飲み会の場所が打ち合わせをしていた旭川市内だったので、ちょうどよかったのだ。でも、しかしだ。勇んで行ってみたはいいけど、よく考えたらオイラは車だ(行く前に普通分かるけどね)。はじめから参加しているんであれば、友人の車に相乗りしてドカーッと酒を浴びるんだけど、そうなんだよな、車なんだよな。ま、夕食も食べてなかったので、ご飯を食べに来たと切り替えた。いや~、でもしかし、会場に着いたら着いたで、このなんというか、酒飲みにはたまらない独特の盛り上がりとお店の演出に「お酒を飲まないでどーする!」という誘惑がオイラを襲ってくるのだ。さらに追い討ちをかけるように、友人たちは、かれこれもう2時間くらいその場にいるので結構できあがっている。この場の雰囲気もオイラを挑発するんだな。そうだな、タクシーで帰ればいいかなとか、代行で車と一緒に送ってもらって帰ればいいしなとか、いっそのこと車中泊かぁ、いやでもここは北海道、凍死するなぁとか、まぁ、仕事で活かせばいいものをこんなお酒を飲む方法に知恵がよく働く。しかし、しかしだ!明日も仕事。今日はただご飯を食べにきただけと開き直って、結局「ウーロン茶」で頑張った(「頑張った」って言っても車だから当たり前のことなんだけどね)。
a0064927_123068.jpg
 田舎暮らしはここが難点だ。外で飲み会をやるもんなら、移動手段を考えなければならない。みんながみんな酒飲みだったら、そのうちひとりはドライバーとして車を出すこともある。ホント罰ゲームだね。だから、オイラの家にはお酒がいっぱい。そう、宅飲みばっかりだ。その点街場に住んでいる人は公共交通機関も深夜まで動いていたりしてとりあえず飲んでも帰れる。う~ん、将来はいっそ田舎バーでも開店させようか!まぁ、どこで飲もうと構わないけど、楽しい仲間がいればウーロン茶だろうがなんだろうが、夢や冗談を語り合ってココロで酔えるもんだ(ちょっとクサイなぁ)。「オイラのひとり言」でした。あ、ちなみにオイラはそんなにお酒も強くなくたしなむ程度だけどね・・・多分。
[PR]
by agtec | 2007-01-26 23:48 | ●オイラのひとり言
 いや~、暖冬だといっても、寒い日は寒い。やっぱり、北海道は「シバレ」ないといけないね。この「シバレ」が、サラサラッとした雪質のパウダースノーをつくりあげている要因のひとつだね。この前も、東北の方が体験観光で来たときも「オラのところの雪とやっぱし雪が全然違いますね」と驚いてた。やっぱり湿り気がないからだね。雪が軽いとも言ってたしね。
 さて、オイラも雪がないところで育ったから、あたり一面の雪の世界には、いくらこっちに住んでいるからといっても、いつもいつもワクワクしっぱなしなんだな。「春の便りが届きました」なんて、季節の情報がニュースなんかで流れはじめると、「まだ聞きたくない!」とこの白銀の冬の世界を名残惜しんでしまう。地元の人には迷惑な話だね。ま、そんな雪の世界にいまだに感動を覚えるオイラにとって、もうひとつ、この北海道ならではのパウダースノーが、あぁパウダースノーだぁ、と実感できる体感を密かに楽しんでいることがある。それは、車に乗ったときだ。
a0064927_011558.jpg
 どういうことかというと、エアコンあるよね。ま、燃費のことや空気の循環のことも考えて普通外気送風にしているドライバーが多いかと思うけどね、その外気送風にしておいて、その風の出る場所をフロントガラスのところ(または、正面)にし、イチバン強風にしておく。で、フロント部分に乗っている雪はちょろっと退かす程度にしておいて車を走らすんだ。すると、外気の送風口からサラサラサラ-とほんの少しだけど雪が入ってくる。目ではもちろんわからないけど、あっ雪だ、と分かるひんやりする粒みたいのが顔にかかるんだ。気持ちいいんだこれが。
 あっそうそう、このとき、冬は車内をあっためておくためによく暖気しておくんだけど、暖気しておくと、車体自身も温まってしまい、雪が送風口に入る前に溶けてしまうので、寒いの我慢して暖気せずに走るのがポイントだ。そして、とくに新雪でないとなかなか体感できないのが難点。是非、みんなもやってみてくれ。特に冬の北海道旅行を考えている人。是非、こんな経験も思い出に残るはずだ。
・・・・う~ん、読み返してみたらアホだな・・・。「オイラのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-01-25 23:54 | ●オイラのひとり言
 本日、旭川のローカルラジオ放送局「FMリベール」のとあるラジオ番組にゲスト出演してきたんだけどさっ。パーソナリティもお仕事の仲間の方なので、リラックスしてスタジオ入りしたまではよかった。打ち合わせも和気あいあいに終わりいざ本番に。しかしだ、打ち合わせした通り話せばいいものを、オイラに話が振られると、一気に頭ん中が真っ白になってしまった。一瞬だけだったようだがボーとして正気に戻ったんだけどね。もうあとは時間が足りなくなるくらいおしゃべりをして、あっという間に30分が過ぎてしまった(そうそう、30分番組なんだけど)。第2弾をやりましょうねと図々しくまた呼んでくださいとあとにしたんだけどさ。はぁ~、いやはや、いつものことながら、どうもオイラは本番に弱いようだ。
a0064927_22222957.jpg
 この前書き込みしたセンター試験の話題のときも本番にたじろいだみたいなお話もして、昨年末に開催したクリスマスライヴでの書き込みにも思った通りの演奏ができなかったなんて・・・。別に本番に弱いよって赤裸々にPRしているわけではないんだけどね。詰めが甘いというか、度胸がすわってないというか、小心者というか、・・・はぁ、なんというかねぇ・・・。適度な緊張が、極度な緊張に変わってしまうんだね。裏を返せば自分に自信がないっていうことかもしれないけど。この前の体験観光のときも自分を「おにいさん」だと思っていたら「おじさん」だなんて言われたりしてね。あらら、また自虐的な書き込みになってしまっているようだ。まぁこうやって自分の弱点を知っているわけだから、あとは解決していくだけ!もっと自信をもって頑張りますか!今のオイラの会社の仕事も誰もやっていないわけだし、自信や信念をもたないでどーするっ!てことにもなるしね。ということで、今回は「自分への励ましのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-01-24 22:23 | ●オイラのひとり言
 前職の出版社に勤めていたときからそうだったんだけど、まぁこれも生活習慣病のひとつかな、食事時間は今でもホントに不規則である。今日は、朝早くに打ち合わせがあって朝のコーヒーを飲んだっきり。で、ちょうどお昼時間にも打ち合わせがあり、気付いたら今日は結局朝からなんにも食べてない。まぁ、仕事柄こんなことも度々あるんだけどさっ。「飯を食べる時間がないほど忙しいっ」な~んて書き込めればいいんだけど、オイラの場合ただ要領が悪いだけかもしれない。で、度々あるっていっても、いつもは、お客さんからいただくお菓子や、打ち合わせで出されるお茶受けなんか口にしたりしてるので、いわゆる「食事」というものが摂れていないだけで、何かしら腹には入っているんだけど、今日は違った。事務所でもコーヒーくらいだったので、いい加減「腹の虫君」が鳴き始めたのだ。このブログを書き込んでいる最中も鳴いているんだけど、虫君が鳴けば鳴くほどホントに腹減ってきた。「腹が減っては仕事も進まぬ」ということで、今日はこのへんで。「オイラのひとり言」でした。
a0064927_2026426.jpg
( 追 伸 )
あるTV番組の「納豆でダイエット」が捏造だったいうのが話題だけど、オイラのような生活してればダイエットできるんじゃない。確かなデータはないけどさ。でもこの方法はダイエットとともに体調不良になりやすいという危険な側面も合わせもっているのでご注意を。
[PR]
by agtec | 2007-01-23 20:28 | ●オイラのひとり言

「一生懸命」な窓拭き

 先日、会社で契約しているガソリンスタンド屋さんに給油にし行ったんだけど、今回は対応していただいたスタッフの方のコトバのお話。おそらく新人さんかアルバイト君かなぁというちょっとぎこちない感じの若いスタッフだった。通常は会社の給油カードで「いつもと同じね」なんて、どっかのバーの常連さんみたいに給油してもらっているんだけど、今回は「よろしくお願いしますね」といった感じで給油をお願いした。
 最近は、このあたりでもセルフ式のスタンドが多くなってきたんだけど、会社で契約しているとこは、スタンドのスタッフがあれもこれもやってくれるところだ。給油中、灰皿の交換や、窓拭き、エンジンルームの点検サービスなんかもしてくれる良心的なサービスの行き届いた給油所だ。そして、いつものように、窓を拭いてもらうことになったんだけど、ここのスタンドでは、窓を拭いていいかどうかドライバーに尋ねる。というのも、撥水用のガラスクリーナーを塗っていたりして窓拭きを遠慮するドラ-バーがいたり、中には他人が車体に触れることを嫌う人もいるようだとも聞いたことがある。当然その新人さんらしきスタッフも不慣れっぽい丁寧語で尋ねてきたので、会社の車はいつもお願いしているのでやってもらうことに。で、給油のほうが先に終わって、窓拭きがもう少し残ってた。ここは窓ふきの最後に汚れがないかドライバーに確認までしてくれる。どうやら窓拭きも終わったようなので、その新人さんらしきスタッフがオイラに聞きにきた。オイラは「ハイ、大丈夫です」というコトバを準備して待ってたんだけど、そのスタッフさんは意表をついてこう言ってきた。
「一生懸命、丁寧に窓を拭かせてもらいました!」。
「・・・。」(オイラ)
a0064927_22102941.jpg
 オイラが準備していたコトバはどっかいっちゃった。でどう答えていいか。まさか自分で「一生懸命」って言うんだもの。もう「ありがとうございました」しか言えないじゃない。「一生懸命」ってこの場で使うかと思いながらも、確かにきれいになっていたので、「またよろしくね」と返してその場をあとにしたんだけださ。う~ん、違和感があったのはオイラだけだろうか。
 まぁ、オイラも社会に出たときはこんなもんだったかもしれないね。丁寧な言葉を使おうと意識すればするほど変なところで「お」をつけたりとかしてね。みんなも経験あるんじゃない?「人のふりみてわがふり直せって」ね。丁寧語での失敗は学習していけばある程度常識はついてくるけど、人を不愉快にさせたり思わず人を傷つけるようなコトバなんか発した場合は取り返しがつかなくなる場合もあるから、丁寧語以上に気をつけなきゃいけないコトバでもあるかもしれないね。なんちゃってライターの仕事なんかもしてるけどさ、コトバや活字で表現するのはやっぱりなかなか難しいね。今回の「オイラのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-01-22 22:20 | ●オイラのひとり言

大寒とはいうものの

 新聞を読んでいたら、モスクワ動物園のヒグマが冬ごもりから覚めたという記事が載っていた。冬眠は普通11月終わりから翌年3月ころまでするそうだが、記事によれば、「12月30日にようやく冬眠に入ったのもつかの間、今月3日には目覚めてしまった」と書かれている。えっ?5日間?ヒグマ君も自分でさぞ驚いたに違いない。「冬眠」ねぇ。これも自然界の摂理に沿った動物の知恵なんだろうね。ちっちゃい頃や学生時代なんかは人間も冬眠しないのかなぁなんて、学校をさぼるわけではないんだけど、このまま布団の中にず~といたいなぁなんて思ったこともあった。今では、季節を問わず、毎朝そんなうたたかな夢から現実へ引き戻される冬眠(睡眠)しか送ってないけどね。
a0064927_23563345.jpg
 さて、エルニーニョ現象の影響で、今冬は世界的に異常気象が起きている。モスクワもこの時期雪もなく雨だという。しかも、気温も平年を10℃以上も上回って5度だという。オイラの住んでいる東川も今晩はマイナス8℃だけど平年に比べるとまだ高いほうだ。しかし、モスクワって北海道よりも緯度が高いのにプラス気温で雨だなんて、やっぱちょっと変だよね。ところで、今日は「大寒」でもある。1年のうちでイチバン冷え込みが厳しい時期に入ってきているのだが、どうやら今年はこのまま春を迎えてしまいそうな勢いだ。今回の「オイラのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-01-20 23:52

毎日が勉強だ

 明日は、そう学生にとってみれば人生のひとつのターニングポイントとなるべき重要な日。大学入試センター試験だ。オイラはもう十数年前の話になるが、いまだにあの緊張感は忘れない。大学の受験勉強は、学校の先生に聞けば分かるしと塾なども通わず独学で頑張ってた。図書館にいっては、いわゆる赤本で黙々勉強してた。このひとりで黙々というのがまずかったね。入試センター対策として、担任の先生をはじめ各先生に会場の雰囲気やお話など聞いては、あーしたほうがいい、こーしたほうがいいと聞いてはいたものの、普段ひとりで勉強していたもんだから、いざ勇んで会場に行ったはいいものの、多くの受験生を目の前にして、みんなライバルだと思った途端、一気に会場の雰囲気に飲み込まれてしまって、自分の脈と心臓の鼓動が頭の中でドクンドクンいって、あせってしまったことを覚えている。おかげさまで、これといっていい点数はとれなかったんだけど。勉強だけではダメだね。やっぱり、受験するまわりの雰囲気や環境など、あらゆるすべての条件の想定もしておくべきだと。その点、塾だとか予備校だとかそういったことまでアドバイスしながら教えてくれるというんだから行っておくべきだったかな。ま、反面そういう受験対策がマニュアル化されてもどーなのかなとも思うんだけどさ。さらに、昨年から英語にICプレーヤーを使ったヒアリングテストが登場。一度再生ボタンを押したら止めることもできないという。こういうICプレーヤーを使った模擬テストみたいのも経験して、本番に備えておくことも今の学生は必要になってきた。いやはやこの時代に受けなくて良かったなぁなんて思ったりもして。
a0064927_22341036.jpg
 ところで、受験する場所の環境や条件など、勉強以外のことも勉強するということは、社会の日常におきかえればごく自然のことだ。社会に出ればいろんなことが起こる。それに対応できる応用力が必要になる。というオイラも恥ずかしながら、ひとつのことに集中してしまうとそればかりになってしまって、臨機応変的な機転の効いた対応が出来てるかといえばまったくもってダメだ。社会に出ても日々是勉強中。受験のため?に頭の中に押し込んだ知識と、応用力(日々の生活の中で培われる知恵・技、要は人生経験だね。)をもって、今後も自分らしい仕事をつくっていきたいと思う。受験生よ!まずは世の中に出るときの最低の基礎学力をつけるという意味でも覚えられることは覚えてこの受験を乗り切ってほしいものだ。頑張れ!オイラも頑張る!今回の「オイラのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-01-19 22:39 | ●オイラのひとり言
a0064927_2123370.jpg いよいよ北海道も雪祭りのシーズンの到来だ。中でもオイラの住んでいる東川町は、北海道の冬のイベントをトップを切って「第33回ひがしかわ氷まつり」が開催される。北海道でイチバン最初の冬のイベントといっても過言ではない。今年はみなさんもご存知の通り暖冬で、雪の量も心配されたが、先日の「爆弾低気圧」のおかげ?で平年よりはまだまだ雪の量は少ないものの、祭りには間にあった。それでも、あちこちから雪をかき集めていたようだけどね。で、今回の書き込みは、ひがしかわ氷祭りのお知らせをしたいと思う。
 ところでなぜ「雪まつり」ではなく「氷まつり」か。実は東川は、「氷彫刻発祥の地」でもあるのだ。町内には「氷土会」という氷彫刻の職人さんがたくさんおり、冬になるとあちこちのイベントにも引っ張りだこなのだ。まぁ、これも昔よりこのあたりは、クラフト・木工の町として多くの職人さんがいることも関係しているのだろう。もうそれは見事な職人技で、真四角な氷を彫ってはオイラたちを魅了する作品と仕上げてしまう。そんな氷彫刻の作品もみなさんをお出迎えしながら、氷雪像をライトアップ!イルミネーション・夢灯りランタン・アイスキャンドル・スノーランタンに明かりが灯り、幻想的な空間を楽しむことが出来る。初日19:00~花火大会もあるので氷と光の世界をみなさんも是非楽しんでみませんか?今回のお知らせでした。

○お知らせ内容
第33回ひがしかわ氷まつり
期 日 平成19年1月20日(土)~22日(月)
場 所 東川町羽衣公園とその周辺
お問い合わせ 東川氷まつり実行委員会(事務局:東川観光協会)
TEL 0166(82)3200(東川改善センター内)
日程スケジュール関係は東川町HPをご覧ください。
[PR]
by agtec | 2007-01-18 21:24 | ●お知らせ