自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:●教育ファーム事業( 4 )

<活動日概要(教育ファーム番外編)>
○期日:平成20年10月12日(日)10:00~15:30
○場所:三田村農園(由仁町岩内1614)
○実施主体:生産者
○活動内容:林美香子さんと行く農都共生プチ体験ツアー
主催:農都共生研究会、協賛:JA由仁町、ハウス食品、JRホテルズ
旅行手配:㈱ヌーベルフロンティア

a0064927_9252313.jpg 区画ごとに参加者が栽培を学ぶ貸し農園方式で体験交流を行なっている「由仁ふれあい農業小学校」。小学校といっても参加者は、親子や会社の同僚など。主に札幌から通ってくる方が多い。当農園も教育ファーム事業のモデル団体となっているが、今回は番外編としてここ三田村農園がメインとなるプチ農村体験ツアーが開催されるとのことで同行した。 

●農都共生研究会
 主催したのは、林美香子さんが代表をつとめる農都共生研究会。林さんは元キャスターで、現在もフリーで活動する傍らエコジャーナリスト、慶応大教授と才色兼務に活動されている方。
a0064927_10302695.jpg 以前からオイラもお付き合いはあるが、この度林さんが「農都共生のヒント~地域の資本の活かし方(寿郎社)」(左写真)を書かれ、その出版をきっかけに同研究会はたちあがった。農都共生とは「都市と農村の共生」の略。地域の資本を見直して交流から共生へ地域再生にむけていろいろ研究していこうというアットホームな仲間の集まり。「発足したばっかりなので、中身はこれから」だそう(事務局の東海林さん談)。実は、当農園の三田村さんも会のメンバーで、今回のツアーの企画から携わってきた。
 ツアーは札幌発着のバスツアーで、ふれあい農業小学校の現役生とOBさんたち、そして農都共生研究会で募った農業とのふれあいの大好きな方々約30名ほどが参加。野外での農作業体験、調理、ランチ、プチフォーラムをはじめ、お楽しみ抽選会、そして帰りは由仁町の温泉やゆにガーデンにも立ち寄る盛りだくさんの内容で、都市と農村との共生をエコロジー&エコノミーから考えようというツアー行程だ。

●育苗ハウスがレストラン
 ツアー一行は、まず三田村さんから農場の説明を受け農作業体験に。ホウレンソウの間引きと、ニンジン、トマトの収穫体験。収穫したものは、ランチの食材となる。三田村農園では、田植えが終わった育苗ハウスを体験交流施設として活用している。育苗ハウス内にはなんと調理場が。「収穫したものを自分で調理して食べてもらう。これがイチバン畑と食卓を近づけるいい方法」と三田村さんは話す。この日、スペシャルゲストとして、三田村農園の食材をホテルにも活用しているJRタワーホテル日航札幌の佐藤料理長が特製カレーをふるまってくれる。三田村農園の新米と食材、そしてさきほど収穫した食材もサラダに。みんなそろって料理の準備。三田村農園の食材とプロの料理の技が加わった特製カレーをみんなで食べた。

a0064927_1093876.jpga0064927_1095079.jpg
(写真左:みんなで共同調理、 右:佐藤料理長直々にカレーをよそう)
a0064927_10163684.jpg
(写真:協賛の「ハウス食品」さんのルーと佐藤料理特製の香辛料、そしてみんなで収穫した野菜を使ったオリジナルカレー。この場所、このときしか食べられない。美味しかった~。)

●育苗ハウスでプチフォーラム
 食後は林美香子氏と三田村さんによるプチフォーラム。同じく育苗ハウスで行なわれるのも面白い。この日プチフォーラムでは、現在の在校生たちも三田村農園に通う魅力などを語る場面などもあった。
a0064927_10383531.jpg
 札幌から親子で参加している石川さんは通って3年目。昨年からは娘さんも一緒に参加している。石川さんは札幌市内で「子どもにいい映画を見せる会」というサークルに入っており、当時「土を喰らう」という映画の上映をした。映画の中でダイコンの栽培があって、こどもたちにも実際にダイコン栽培をさせてみてはどうかということでたまたま知ったのが三田村農園。「三田村さんの教え方や人柄に触れ、自分でもいろいろ栽培してみたくなり入学した」という。一方、娘さんも札幌市内で市民農園に参加していたが、教えていただく指導者もいなく全部自分でやるのが不安になっていたところ、母親と一緒に三田村農園に来たのがきっかけ。「来てみてまず、土が美味しそうと思った」という。「毎年失敗続きですが、なんとかいろいろ収穫できています」と。a0064927_10411293.jpga0064927_10425057.jpg
(写真左:石川さん親子。「土が美味しいそう」というコトバば面白かった。右:三田村農園の参加者の畑。約30㎡ごとに区分けしてあり、自分の畑として参加者は使っている。もちろん指導に三田村さんがあたる。)

 林さんからの「札幌からここまで車で1時間くらいかかりますが、それは大変ではありませんか?」との問いに「農園に向かうときは、普段の生活から抜け出し農家のおかあさんのように。そして帰るときは専業主婦の気持ちにと切り替えています。この片道1時間という距離が、私の生活のリズムを整えてくれるリフレッシュタイムなのです」という。また、「農園の帰りにもいろんな直売所や観光スポットまわりながらドライブ気分で帰れますので楽しいです」と娘さんは続けた。

●都市と農村を行ったり来たりで高め合おう
 都市と農村の共生。三田村さんは「このように行ったり来たりしながら農村に足を運んでもらって、農業や食を理解してもらい、都市部や自分の生活の中に『農』を少しでも取り入れていただくようなきっかけになれば」と締めた。最後はみんなで記念撮影。
a0064927_10481734.jpg
 さて、教育ファームの活動のほうは、いよいよ次回が修了式。在校生のみなさんの畑も間もなく今年の作業も終わる。11月3日の修了式にむけて最後の畑管理は続いていく。

(レポーター:農村ライター 中田ヒロヤス)

※「教育ファーム推進事業」とは・・・
 農水省が進める「平成20年度にっぽん食育推進事業」のひとつで、「自然の恩恵や食に関わる人々の様々な活動への理解を深めること等を目的として、市町村、農林漁業者、学校などが一連の農作業等の体験の機会を提供する取組み」をいいます。今年度、全国で139団体がモデル実証地区として採択され、北海道では12団体が実施しています。本事業の実施主体団体は「(社)農山漁村文化協会(農文協)」で、オイラの会社アグリテックでは農文協を通じ、「北海道農政事務所」さんと連携しながら本事業の「北海道ブロック地方事務局」として道内のモデル実証地区の進行管理業務等を行なっています。
※教育ファーム事業HPはこちら≫教育ファームねっと


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
by agtec | 2008-11-15 10:49 | ●教育ファーム事業
<活動日概要>
○期日:平成20年10月11日(土)10:00~13:00
○場所:トトロの里冨原観光果樹園(七飯町大中山6丁目)
○実施主体:生産者
○活動内容:取組み最終日(収穫感謝祭)

a0064927_236928.jpg 「アグリネットななえ」は、七飯町内でグリーン・ツーリズム活動を展開している農業者や、関心のある方等との相互連携を図りながら、都市住民との交流やふれあいを推進し、農業・農村の理解や地域活性化を図っていくことを目的に、平成13年7月に5戸の農家で立ち上げた農家ネットワーク組織。
 現在は、8戸の農家さんも加わり13戸のメンバーでそれぞれの経営の特徴を活かしながら、、直売活動や農業体験などといった活動を積極的に行ない、農家同士、また農家と消費者との活動の輪が徐々に広がってきています。
 「アグリネットななえ」はブログでは今回初登場ですが、農水省で推進している「教育ファーム事業」のモデル団体ともなっています。この日、活動の最終日ということで教育ファーム事業北海道BL事務局として同行させていただきました。 (写真:この日参加されたアグリネットななえの農家のみなさん) 

●今年の活動内容
 アグリネットななえでは、広報誌やイベント、チラシ等で体験活動の募集を行い、函館市内をはじめ周辺町村から親子約30組が今年は参加した。これまでリンゴの栽培管理(花摘み、実すぐり、袋がけ、収穫)、カボチャ、じゃがいも、とうもろこし、そして人参などの畑作野菜の栽培(播種~収穫)などの活動を全6回行ってきて、今日はその活動の最終回。収穫祭である。この日、自分たちで植えたカボチャの収穫を予定していたが、天候や栽培状況の関係から、残念ながら実施はできなかったものの、活動日前に農家さんのほうであらかじめ収穫していたものを参加者にお土産として持って帰ってもらうこととなった。
a0064927_23381979.jpga0064927_23382960.jpg
(写真左:みんなで1年を振り返る、右:カボチャを手にハイポーズ)

●七飯町は「男爵イモ」の発祥の地
 七飯町は「男爵イモ」の発祥の地だということは意外と知られていない。箱館(当時の漢字)港開港時、日本でいち早く西洋農法を取り入れた地で、温暖な気候と土壌が適し、函館ドックをおこした川田龍吉男爵の手により七飯町の農場で最初に栽培されたそれが好評を博し、川田氏にあやかり『男爵いも』と命名され全国的に普及している。この男爵イモをはじめ、果樹や米など、箱館に入植した西洋人の食料供給地域として農業が発展していった。
 現在でも函館市郊に位置する七飯町は都市近郊型農業。常に消費者の安心安全の期待が寄せられていることもあり、生産者もその期待に信頼として応えていこうと年々活動の幅も広がってきた。

●体験参加者から学ぶことのほうが多い
 「このあたりは観光果樹園などもあって、収穫体験や直売を通した交流はあったが、収穫するまでの栽培管理など口に入るまでの作業過程も一緒に体験を通して知ってもらいたい」とアグリネットななえの宮田会長は言う。
 七飯町は果樹だけでなく、北海道ならでは畑作も盛ん。「いろんな経営の会員さんがいるので、それぞれの会員の畑で作業体験を行いながら七飯の農産物を知ってもらいたい」と農薬を抑えてニンジン栽培を行なっている会員の池田さんはこう話す。
 「あるとき、ちょうど離乳食の時期を迎えた親子の参加者があって、ハネ品とよばれる細いアスパラを湯がいておしゃぶり代わりに与えてあげたらケロって食べてしまってね。するとしばらくして母親が『細いアスパラ』を売ってくださいってね。ハネ品を離乳食として食べてもらっていただくありがたさと同時に、農薬を必要以上に使用しちゃいけないとか、下手な栽培はできないとかね、参加者から農家も学ぶことは多い」という。
a0064927_23555593.jpga0064927_2356957.jpg
(写真:収穫祭では抽選会も。会員の農家さんが育てた野菜が景品だ)

●日常の暮らしの中にも体験活動が浸透
 毎年訪れるリピーターもいる。函館から参加している親子は「体験活動日以外でも、ドライブの傍ら必ずお世話になった農家さんところに寄っては立ち話しながら、野菜を買うようになりました」と言い、普段からスーパーの野菜の見方をはじめ、新鮮な食べ方などを教わったりして食生活自体も変わってきたという。
 この日も、みんなで収穫したじゃがいものふかしいもが出されたが、塩辛をつけて食べる。北海道ならではというか、このあたりならではの食べ方。また、会員の久保田さんのところの牛肉と、地元の野菜をふんだんに使ったバーベキューで収穫の喜びをみなで味わった。「美味しい食べ方まで責任を持たないと」と会員農家さんは笑う。
a0064927_05202.jpga0064927_05848.jpg
(写真:お昼はみんなで体験をした野菜を使ったバーベキュー。右はじゃがいもに塩辛をトッピングした「イモ塩辛」。ジャガバターはメジャーだが、ここはさすが函館。オイラもこういった食べ方は知っていたが実ははじめて食べた。塩辛にジャガイモ・・・うまい!クセになる。このあたりでは、ジャガイモ塩辛は普通の食べ方だという。)

a0064927_0113296.jpga0064927_0114145.jpg
(写真:バーベキューには会員農家の宮後さん特製の焼肉のタレ「林檎のきもち」でいただいた。宮後さんのところは果樹農家。ハネ品のリンゴを活用して地元のタマネギなどを調合し、ミソ味と醤油味のタレを開発。リンゴの甘さがあって肉にマッチング。リンゴジュースなどの加工品もつくっている)

●農家同士の連携で農村のPRを
 最後に宮田会長は「農業の魅力や都市と農村の交流を発信してくには、個人の農家では厳しい。この会をつくったのも、都市と農村の交流を活用して、農家同士の連携を高めていきたい。今年の教育ファーム事業は農村側の横のつながりをより高めて、『農家』個人ではなくわたしたち農家も含んだ『農村』をPRしていきたい」としめくくった。

(レポーター:農村ライター 中田ヒロヤス)


※「教育ファーム推進事業」とは・・・
 農水省が進める「平成20年度にっぽん食育推進事業」のひとつで、「自然の恩恵や食に関わる人々の様々な活動への理解を深めること等を目的として、市町村、農林漁業者、学校などが一連の農作業等の体験の機会を提供する取組み」をいいます。今年度、全国で139団体がモデル実証地区として採択され、北海道では12団体が実施しています。本事業の実施主体団体は「(社)農山漁村文化協会(農文協)」で、オイラの会社アグリテックでは農文協を通じ、「北海道農政事務所」さんと連携しながら本事業の「北海道ブロック地方事務局」として道内のモデル実証地区の進行管理業務等を行なっています。
※教育ファーム事業HPはこちら≫教育ファームねっと


(追伸)
先月函館に行ったときのレポートです。


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
by agtec | 2008-11-14 00:43 | ●教育ファーム事業
 昨日に引き続いて、「教育ファーム推進事業」のお話。
 今日は、北海道でのモデル地区のひとつになっている旭川市の取組みについて、東京から農文協の取材担当者が来て、受け入れの工夫など受入を行なっている農家さんに取組みの取材を行なった。
 
子ども農業体験塾の活動内容
 旭川市では2団体が本事業のモデルになっており、「旭川市民農業大学運営委員会」と「旭川市子ども農業体験塾運営委員会」(いずれも旭川市農政部農政課が事務局)が活動を行なっている。この団体が発足した経緯については書くと長くなるので割愛させていただくが、とくに、「子ども農業体験塾」では、旭川市内の小学校5~6年生を対象に広報等で募集を行い、農業体験のできる場を提供。「いのち」や「食」について考える機会づくりを行なっており、今年で9年目を迎える。昨年までに約200名の学童が学んでいてリピーターも多い。定員は30名程度で、毎年ほぼ定員数の申込みがある。
 特徴的なのは、たいてい農業体験といえば、1つの農場で、30名だったら30名を1農家が一同に教える場合が多いが、ここでは、それぞれ経営の違う受入農家が6農場受入先となっており、子ども達を5~6名の班で6班にわけ、それぞれの担当となった農家さんのところで少人数で1年を通して体験活動を行なうのだ。活動日自体は、5月から月に1回、学校が休みの土・日のいずれかで行い11月頃までを1シーズンで行なっている。少人数で同じ農家さんの指導のもと作物を育てていくので、農家さんと子ども達とはたいへん密な関係がとれ、不思議や疑問の解決も迅速だったり、何よりみんなひとりひとりが、それぞれの役割を任せられ、真剣に取組むことが可能なのだ。そんな、受入農家さんのひとつ古屋農場を訪ねた。

実践マニュアル作成にむけて
 ところで、今回の取材は何かというと、本事業では地域や近隣町村へのフィードバックと、教育ファームの普及ということが本事業の目的のひとつでもあるので、新たに受入てみたい農家さんに対する受入方法や学校の先生などが子どもたちに教えたりする手引書のようなマニュアルを作成するねらいもある。今回のモデル実証で、あんなこと、こんなこと、こんな工夫をしている、こうやったら子ども達が感動した・失敗した・・・などなどをどんどん活動の中で取り入れながら、実践のヒント・ポイント(勘どころ)をおさえていこうと、協力団体さんには大胆な仕掛けを期待しながら活動を進めていってもらっている。
a0064927_22512583.jpg
(写真:マニュアル作成取材担当の木村さん(左)と、古屋農場の古屋良子さん。)
 
田んぼからのメッセージ 
 古屋農場では、「お米+α」の複合経営をしており、お米のほかにピーマンやイチゴ、トマト、ダイコンなど系統出しや直売など、宅配などをしている。北海道といえば、じゃがいもやカボチャ、メロンなどの農産物のイメージが大きいが、北海道は日本一のお米の産地で、とくにこの旭川周辺はお米どころなのだ。体験活動もお米づくりの活動が多い。とくに古屋農場では、8年前よりお米からのメッセージとして、「田んぼ文字」づくりを行なっている。
a0064927_23161956.jpg
(写真:田んぼ文字「かぞくみんなであったかごはん」と黒米で書いた。遠くに見えるのは北海道最高峰の旭岳・大雪山連峰) 

 今年は、農業体験のサポートにきている教育大生が考えたコトバを田んぼからのメッセージとした(田んぼからのメッセージについての詳細は雑誌「食農教育No55号(農文協刊)」参照。オイラが執筆してます)。黄色の部分は北海道のブランド品種「ほしのゆめ」。「こうすることで、田植え体験はもちろん、自分の植えた田んぼがど~なっているかな、ってリピートして見にきてくれるきっかけになります」という。

畑地帯から嫁にきたのでお米に興味
 実は古屋さん。農家出身ではあるものの、畑地帯生まれ。お米の栽培はお嫁にきた当時は分からなかったという。「それもあってなのか、お米にたいへん興味があって、いろんな稲を裏庭の小さな田んぼでつくっています」といい案内されたのは、10数品種の稲が植わっている見本田。黒米などの古代米から、北海道の稲作栽培の普及の元祖ともなった赤毛、黒毛の稲、そのほかきらら397やななつぼしなど北海道で主に栽培されている現在の品種など。
a0064927_23314015.jpg
(写真:見本田のなかのひとつ「世界一小さな稲」。上川試験場で突然変異でできた品種。背丈は20cmほど。写真では分かりずらいが、立派に実をつけ頭をたれている)

 さらに、のどかな田園を流れている用水路の水。「『この水は田んぼなどに勝手に入れられないのよ』って話すと『え、水にも利用権利があるんですか』って参加者のおかあさん方なんかはビックリするの。わたしもはじめはそうだったけどね(笑)」と。「水利組合という農村部特有の決まりがあって、のどかな風景と思ってみている田園風景も、いろんな決まりごとがあってこういう自然豊かな風景をつくっているのよ」と説明するという。

わら細工「工房稲わら」で農村の暮らしも発信
 ところで、この黒米とか赤米とか、品種によってワラの固さが違う。こんなにいろんな品種をつくっているのも、品種の学習に使うのはもちろん、お米に興味を持ってしまった良子さんは、それを活用してワラ細工を行なっている。近くの農家のお母さん方と「稲わら工房」というグループもつくって、お米は捨てるところがないということも知ってもらうことと、農村の暮らしの文化を知ってもらうために、草履やスダレづくりなども体験のひとつに組み入れている。
a0064927_2346297.jpg
(写真:ワラ細工の一部。スダレにワラの長靴。冬にはワラ細工体験などの受け入れも行なっている)

 産業としての農業だけではなく、暮らしの中の農業も体験してもらいながら、「農」をいろんな角度から子ども達に考えてもらっている古屋農場でした。 

 このあと、子ども農業体験塾のほかの受け入れ農家の西島農場、吉岡農場にも取材に行く。ちょっと、長文になりすぎたので、その模様は次回、「その2」で書き込みます。「教育ファーム事業レポート」でした。

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中
[PR]
by agtec | 2008-09-05 23:50 | ●教育ファーム事業
 今日は札幌に出張。北海道農政事務所にて、農水省が行なっている平成20年度にっぽん食育推進事業「教育ファーム推進事業」の打ち合わせ。「教育ファーム事業」とはとくに子どもたちが、農(林漁)家が指導するイベント的ではないホンモノの農林漁業体験の中で、作物をつくり、育て、収穫し、食卓にならぶまでの一連の流れをとおし、自然の力を活かす工夫や、食の大切さなどを学ぶ、そのような場づくりの提供を行っていくもので、全国で100地区あまりのモデル地区が選定され(取組み団体はこちらから)、実際に受入を行ないながら、子どもたちの驚きや発見、また農家さんの工夫などを実証するための取組みが行なわれている。北海道でも12団体が日々、活動を行なっている。
 で、オイラはそれと何が関係あるかというと、本事業の実施主体団体は、(社)農文協が事務局をもって進めているんだけど、北海道BLの農文協の地方事務局として、協力団体さんの取組み状況の確認と調査を、オイラのほうで微力ながら請け負っているわけなのだ。
 秋の気配がただよってきたこの時期、教育ファーム事業も収穫時期にもはいっていろいろ架橋を迎えてきていることもあり、途中経過の情報交換と、後半戦に向けた対策等について打ち合わせを行なってきた。協力団体さんの情報は、オイラのブログでも今後紹介していくことにして、今日も日付が変わりそうなので(いや、もう変わってしまったか・・・)、このへんで。
 ・・・・と、いうのもさきほど事務所に帰ってきたばかり。今回、車での移動だったために、少し時間がかかった。どっちみち、受入団体さんの活動場所というのは、農村部にあるので、なかなか公共交通機関での移動というのは結構たいへんなのだ。とくに北海道の場合、JRやバスなどを利用するよりは、自分で運転していったほうが経費的にも安くあがったり、早く次の場所へ移動できることが多い。今日も、農政事務所の帰りに、協力団体さんや農家さんところへ寄ったりしてきたんだけど、この時期農家さんは夜じゃないと時間がとれなかったりするので、夕方以降の訪問にしている。そうなると、ちょっと離れた農村部へ行けば行くほど、アシがなかったりするので、車での移動が便利だ。便利ではあるけど、農家さんの都合上、オイラの帰りも旭川まで戻ってこなければならないので、もうこんな時間ってわけだ。
 ところで、突然だけど、札幌地方の特産品ってなんだか分かる?石狩平野はいろんな農産物が栽培されているけど、タマネギが有名なんだよ。「札幌黄」って品種があるぐらい、古くからタマネギの産地。この時期は、ちょうど収穫最盛期で、土の中から掘り出されたタマネギたちが秋の太陽を浴びて、日光浴しながら乾燥している光景が札幌方面ではこの時期よく見られる。移動中、広大な畑にタマネギが気持ちよくお昼寝してました。
a0064927_015415.jpg
(写真:タマネギ畑の風景。コレ向こうまで、ぜ~んぶタマネギ。札幌市丘珠地区)
 おっと~、なんだかんだで、結構書いちゃってしまった。ということで、明日も別件の打ち合わせや出張があるので、このへんで。 

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中
[PR]
by agtec | 2008-09-05 00:23 | ●教育ファーム事業