自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008年 10月 11日 ( 2 )

函館→札幌へ

 今日は函館を後にし札幌泊。
a0064927_8142630.jpg
(写真1:ホテルの窓から札幌の夜景をのぞむ)

 函館から札幌まではまたJRのスーパー北斗で移動。昨日の状況をみて、今回は早めに駅によって自由席を確保した。始発駅ということもあって、案の定ガラガラだったので、札幌までの3時間30分、少しは楽に移動できた。

 さすが函館駅は、JRの北海道表玄関ということもあって、青森行きの特急白鳥なども停車しており、列車の写真を撮ろうと鉄道マニアの方もちらほら。出発まで、少し時間があったので、オイラも写真を撮ってみた。男っていうのは誰しも潜在的にこういった乗り物系に興味はあると思う。なんかよく分からないけど心の奥のほうをくすぐられるところがある。女はお人形さんにといったところか。ホームに誰もいなかったこともあり、ちょっと恥ずかしかったんだけど、撮った写真がコレ↓。
a0064927_8264214.jpg
(写真2:特急「スーパー北斗」の顔)

 鉄道マニアのみなさんに言わせればダメ出しの嵐だと思うけど、生まれてはじめて列車の写真なんて撮ってみた。いや~、なんかヤバイ。こんな感じがしてしまうのは、分かっていたが、いざ、カメラを片手にファインダーをのぞきこんだ瞬間、なんか武者震いがした。で、1枚だけ撮ってやめたんだけど、鉄道マニアのみなさんの気持ち分かるような、ファインダー越しにのぞく列車の勇姿、駅舎の趣など、見えない部分が見えてしまうようで、このままあと数枚シャッター押してたらこれはヤバイ、ハマッてしまうと思った。

 そのほか、今日の仕事が終わって、列車の出発時刻まで時間が少し空いていたので、なかなかこっちにこれないので、ちょっとプチ函館観光をしてきた。明日も頑張ろう!

a0064927_8373590.jpg
(写真3:五稜郭。タワーにのぼってみた。上から眺めることができない時代に、よくこんな正確な設計ができるもんだなぁと見入ってしまった。中央に見えるのは、なんか天守閣?の復元にむけて工事をしているという)

a0064927_8374635.jpg
(写真4:五稜郭タワーの施設内にある土方歳三さん。男が見ても二枚目だ。)

a0064927_8375997.jpg
(写真5:函館山より函館市街を見る。函館夜景のスポット。この日はちょっと雲っていたけど、昼間でも、素晴らしい景色。)


↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
by agtec | 2008-10-11 23:10 | ●本日の話題
 あっちこっち、そっちこっちと最近出張が多い。とうとうウチのチョッパーにも飼い主の愚痴をブログに書き込まれる始末だ。
 というわけで33歳を無事迎えたオイラだけど、日々の生活は変わることもなく、相変わらず要領悪く多忙を極め、今オイラは仕事で函館にいる。旭川から列車に揺られて6時間。遠かった・・・。
a0064927_22584214.jpg
(写真1:ホテルからの眺め。有名な「函館の夜景」・・・ではありません。JR函館駅の近くのホテルから、函館駅方面の夜景。手前に有名な函館朝市の看板とその奥にあるのが駅舎。わかりずらいかも・・・。) 
 
 ホントは旭川-函館間を飛んでいる飛行機(HAC)で来る予定だったんだけど、空席状況を調べても全然空いているし、経費関係の申請をしたのちたまっている仕事をして、いざ予約とろうとしたら、どこの誰の策略か、いつの間にか満席になっていた。
 で、JRで行くことにしたんだけど、旭川に住んでいる人間でさえ、函館っていうと同じ北海道なのに異国の地に行くようなもんで、みんなそろって「遠いぞ」とか「時間かかるぞ」と脅す。「車でなんてとんでもない。運転疲れから事故を起こしかねない」とも釘をさされ、JR特急で行くことに。
 旭川-札幌間はいつも使っているので要領は分かっていたが、札幌-函館間は特急スーパー北斗という列車を使うのだが、これがなんと7両編成中1~5号車までが指定席。自由席はわずか2両。みんなどこまで向かうのか。指定席は満席御礼のアナウンス。自由席は乗車率150%といったところか。当然、オイラはそんなこと知らないので「とりあえず座れるべ」と思っていたが、結局座れるとこはなくデッキで立ちっぱなしで揺られることに・・・。

 ちょっと、札幌-函館間を甘くみてた。時間帯にもよるかもしれないけどね。旭川より6時間。せっかくの時間を無駄にしないように、車窓からゆったりと北海道の風景を眺めながら、PCで仕事でもしようと思ってたのが、立ちっぱなしの体力を使う仕事になってしまった・・・。
 で、ようやく座れたのがJR函館線にある森駅を越えたところ、もう次は五稜郭駅-終点函館だ。座れたのはわずか30分くらい。座ったとたん一気に睡魔に襲われ、ゆったりとした車窓からの眺めはどこへやらだった。
 
 まさか、こんなに指定席車両があるとは。航空券をはじめ、JR調べにしても段取りが悪かった。これだけではない。なんか、最近段取りが悪いことが多い。あれもこれもでバタバタしすぎているっていう言い訳をして、ちょっと余裕をもった仕事をするようにしよう。

 で、着いたのが22:00。立ちっぱなしでおなかも減った。ということで、早速食事へ。やっぱ、函館といったら、海産物。というわけで、函館方面はよく分からないが、ホテルの近くの丼もののお店がまだ開いていたので、迷わず寄る。美味しい海産物はいっぱいあるけど、函館といったらまずはやっぱり「イカ」でしょう!ということで、イカ焼きお願いする。(それと、ビールも)。
a0064927_018010.jpg
(写真2:イカ焼き。さっきまで生きていた)
 
 店内にある生けすから、イカをザパーとすくってはそのままさばいて、焼いていた。う~ん。うまい!ビールがすすむね!
 で、最後に「海の幸をご飯と一緒に」ということで、トッピングを選べる「三色丼」をお願いする。トッピングは、「イクラ」「ウニ」「ホタテ」にした。
a0064927_019210.jpg
(写真3:ウニ、イクラ、ホタテがまぶしすぎる~!ホタテもさっき生けすからすくいあげてさばいたもの。醤油かけたら、「やめてくれーっ」てホタテくんがキューって動いた。ちょっとビックリ。まだ生きていた。)

 いやー、うまい!うますぎるー!久しぶりにウニなんて食った。美味しかった~。ひとりだから、なかなか知らないところで、お店に入るのは勇気はいるけど、ここはアタリかな。なんたって、ビールとイカ焼きとこの丼もので2,500円。けっこう、こういった類の丼ものシリーズは値が張るものなんだけど、ちょっとリーズナブルかも。
 ま、ちょっと立ちっぱなしの列車の旅の疲れは少し癒された。明日からガンバろ!(いや、明日「も」だ)。

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
by agtec | 2008-10-11 00:24 | ●本日の話題