自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

学校給食

a0064927_23382452.jpg
 先日十勝に行ったのは、何度かレポートを書いている教育ファーム事業の取組みの同行取材だったんだけど、思いがけず子どもたちと一緒に学校給食を食べてきた。実に20年以上ぶりだ(まだまだ気持ちは子どもなんだけど小学校卒業してもうこんなに経ってたのね)。写真は池田町高島小学校のその日の献立メニュー。わかめゴハンに、五目煮、揚げサバの野菜とじのようなもの、味噌汁、そして十勝牛乳。
 で、献立にはないメニューがもう一品。豆腐だ。実はJA青年部さんと学校とで春から自分たちで育ててきた大豆を使って今日は「豆腐」と「ミソ」づくりに挑戦しようという加工体験教室だった。で、できたその豆腐も献立の一品に加わっている。

a0064927_23501610.jpga0064927_2353031.jpg
(写真左:豆腐づくりの様子。ニガリを混ぜた豆乳を型の容器にみんなで入れる、写真右:味噌づくりの様子。煮た大豆、塩、米こうじを手で混ぜまぜ中)
a0064927_2357872.jpg
 指導してくださったJA青年部、女性部のみんなさんも一緒にみんなで給食です。高島小学校は1年生~6年生まで合わせて全校生徒20数名の小さな学校。みんな兄弟のように仲の良い学校です。自分たちでつくった豆腐に「うめ~!!」と感動の声があちこちから!今回の体験の様子や詳しいレポートは現地レポートで改めて紹介しますね!

 帰りには豆腐と味噌までいただいてきました。味噌はあと3ヶ月後くらいが食べごろだそうで、冷蔵庫で熟成します。a0064927_05599.jpg豆腐は昨日の晩酌と一緒にもう一度いただきました。今回は無農薬で子どもたちが学校の裏の畑に通って草管理から収穫、脱穀まで行なったもの。畑から自分の口に入るまでの流れが分かったかな?みんなが育てたことを思い浮かべながらいただいた豆腐を味わいました。お酒と一緒だったけど・・・。


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
by agtec | 2008-12-03 00:15 | ●オイラのひとり言