自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

とあるセールスマン

a0064927_23495515.jpg 先日弱音みたいなことをブログで書いたら、笑いながらこんなセールスマンがやって来た。
「この世は老いも若きも男も女もココロの寂しい人ばかり。そんなみなさんのココロをお埋めします。いいえ、お金は一銭もいただきません。お客さまが満足していただければそれが何よりの報酬でございます」だって。・・・どっかで聞いたセリフ。
「困ったときは『Bar魔の巣』ヘお越しください。」
オーホッホッホッホ・・・!!
と、笑って帰っていった。

(-_- ;)ハア…。
スキマだらけなのだろうか。
「魔の巣」だけには行かないように気をつけよう・・・。

↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
by agtec | 2008-11-12 00:03 | ●オイラのひとり言