自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

新しい蛇口にやっと付け変えました

 蛇口が折れた~って話をして間もなく1ヶ月半。先日のお盆休みにやっと新蛇口に取り変えた。「ん?・・・ということは、それまで栓からそのままってこと?」って思っているそこのあなた!
 「その通りです!!」

 ・・・というわけで、横着ぶりがそのまま出てしまった。前回の記事を読めば分かるように、蛇口はすでにそろえていたんだけど、肝心の取り付け用のレンチがなく、取り付けようとも取り付けができなかったのだ。で、なんだかんだで相変わらず家に帰るのは寝るだけのような毎日だったので、そのまんまになってしまっていた。
 でも、さすがに、栓から直で水が出てくると高低差の関係で、シンクに落ちる水は跳ねてシャツは濡れるし、可動式じゃないので1ヶ所でしか洗い物もできないし、やっぱ不便だってことが分かった。で、友人にレンチを借りよう借りようと毎日思ってたんだけど、仕事終わって家に帰ってから「あっ」って思い出すありさまで、その繰り返しでしばらく「直水」状態だったわけで。

 で、どんな蛇口を買え置きしておいたかというと、シンクにたまった食器とか洗ってると前の蛇口だといつも水の出るところがぶつかったり、フライパンやナベものを水洗いするとひっかかったりと何かと不便だったので、もう少し蛇口の高いのがあればなぁと思って見つけてきた高低差ゼロの蛇口を選んでおいた!蛇口の根元の栓の高さと水の出るところの高さがゼロなのだ。取り付けは意外と簡単。あっという間。工具さえあれば・・・。いざってときに、いろいろ工具類を揃えておいてもいいかもしれないなぁ。
a0064927_19173536.jpg
 さて、使いごこちは!うん!いいねぇ。ナベも素直に洗えるし、なんかシンクがより広く感じるようになった。そして、前の蛇口にはつけられなかった「水をろ過するやつ(なんていうんだろう)」も取り付けた。東川の水はこんなのつけなくても美味しいんだけど、古い家を借りているので、水を使ってないとたまにサビが出ることもあるので、必要だなぁって思ってたわけで。う~ん。ようやく普通のキッチンに戻った(あ、今気付いたけど、前回の写真と比較するとスポンジも変わってる。いつ変えたかも忘れた。)。

 と、いうわけで、相変わらずひとりさみしく、キッチンまわりのことまでやっている男の「ひとり言」でした。あ、洗濯ものもたまってきた・・・。

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
by agtec | 2008-08-20 19:19 | ●オイラのひとり言