自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

封筒の山

体験観光コーディネート業務においては受け入れ先との連携が必要だ。そんなんで体験依頼書や書類の発送など連絡手段は内容によってさまざまだが、いかんせん今のオイラの会社では主軸のスタッフはオイラくらいなので、あれもやりこれもやりで日々仕事をこなしてもこなしても仕事の量が減らないことも少なくはない。
とくに、コーディネートするにあたって、いわば事務作業がイチバンの主力になるのだが、PCで案内書を書いては、部数だけ印刷し、送り先のあて名書きもして、封書に入れる作業までほとんどひとりでやっているもんだから、急ぎの案内を出すとなるとこれで1日仕事になってしまうぐらいの時間をくってしまう。今日もそんな作業に追われた。その結果が下の封筒の山。
a0064927_2471829.jpg
まだ、途中なんだけど、ちょっと休憩させてもらった。あともう少し。そんなこんなでオイラの睡眠時間は削られていく。ガンバろう・・・。今日はそんなオイラのひとり言でした。

↓1日1回「ポチッ」とな。
北海道人気blogランキング参加中
[PR]
by agtec | 2007-09-23 02:59 | ●オイラのひとり言