自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

美瑛町発~道の駅「びえい丘のくら」オープン

 旭川の南部に位置する「丘のまち~美瑛町」。既存施設としてあった宿泊や加工体験が楽しめる「ふれあい館ラブニール・丘のくら」が、この度「道の駅『びえい丘のくら』」として明日4月28日に新装オープンする。場所は美瑛町の中心街に位置し美瑛駅のすぐ隣。道内97番目の登録だそう。
a0064927_2339599.jpg
 外壁には美瑛町で採掘された美瑛軟石を使用し、あたたかみのある施設。1Fの入口入ってすぐ右側には、地元農産物を原材料としたコロッケ、牛乳、ソフトクリームなどを販売する売店があり、また美瑛の特産などの物販コーナーもある。美瑛では今小麦に力を入れており、地元の有志でつくった合同会社「香麦」さんの「びえいカレーうどん」をはじめ、今日から発売開始した「じゃがチョコ(だと思ったが、ちょっと名前ど忘れした)」など今後オリジナル性のある特産品を中心に販売を展開していく予定とのこと。奥にはレストランも併設。2Fは展示ギャラリーとなっている。
a0064927_2356835.jpg
(↑店内の様子。道内のTV局が取材に来ていた。また今回も、デジカメの充電が十分でなくこの1枚の撮影を最後に充電切れになってしまった。アングルが悪くてすみません)
 
 さらに、1F奥の通路を渡るとそのままラブニールにつづいており、パンづくり体験やうどん打ち体験もできたり、さらに美瑛駅と併設するように観光情報センター「四季の情報館」があり、美瑛駅前を中心に美瑛の観光などの情報発信、交流の拠点施設ともなるのではないだろうか。ただ、国道沿いではないため、分かりずらいかもしれないが、美瑛駅を目指していくとよい。 
 
 明日は「道の駅」オープン記念行事があるそうだ。オイラはお仕事だけど、是非GWのはじまりに、ちょっとドライブに出かけてみてはいかが?

○今回のお知らせ
美瑛町に『道の駅びえい「丘のくら」』オープン
≪お問い合わせ先≫
上川郡美瑛町本町1丁目9-21 
TEL:0166(92)092
詳細ページはこちら(北海道開発局旭川開発建設部ページより)

↓お知らせが役に立ったって人は「ポチッ」とな。
a0064927_2595624.gif
[PR]
by agtec | 2007-04-27 23:59 | ●お知らせ