自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

マスクマン

 前回の話題の最後に、「また、明日」なんて締めて終わったが、「また、明日」の日であった昨日は、おかげさまで風邪のピークで、早めに帰らせてもらった。・・・と、いうわけで、1日ぶりに中田です。
 
 いや~、ついにやってしまった。風邪をこじらせてしまった。でも、頭がちょっとした振動でも響くような痛みに襲われたものの、発熱もなく、鼻水とクシャミとセキが長引きそうな感じで、あとはなんとなく回復傾向にある。どうやら、軽い症状ですみそうだ。と、油断はできないんだけどね。以前もこんな風邪の話題をしたこともあったけど、オイラのカラダっていつも季節の切り替わりに体調を壊したり風邪をひいたりするリズムができているようで、自称「年4回風邪をひく男」として豪語しているわけなんだけどさ。
 今年の冬は、気をはりすぎていたせいか、仕事で風邪をひく余裕するらなかったのか、何事もなく過ごしてきたわけなんだけど、ここへきてとうとう体調が崩れてしまった。でも、オイラひとりで抱えている仕事がた~くさんあるので、平日なんかは休めないのが今の現状で、這いつくばってでもお仕事はさせてもらっているんだけどね。いかんせん、オイラが休むとなると残念ながらスタッフも殆ど少ないということもあって、オイラの会社の仕事のその殆どが止まってしまうわけで・・・。そんなんで、みなさんに伝染したら申し訳ないしこれ以上悪化させても大変なので、予防も兼ねて「マスク」を当然のようにしているわけなんだけどさ、マスクをして鏡を見ると、顔の半分以上がマスクで隠れてしまう。マスクのあるナシでは顔の表情って結構分からないもんなんだね。マスクをすると、目しか出ないでしょ。で、「目は口ほどにものを言う」ってことわざがあるけど、ホントウに「目は口ほどにものを言う」かどうか、鏡を見ながら喜怒哀楽の表情をしてみたんだけどさ。
a0064927_21263544.jpg
 笑っているときは、目がなんとなく細くなるのでかろうじて分かるけど、なかなか表情ってのは目だけじゃ全然わからないね。「顔色をうかがう」ってことわざもあるけど、「顔色」とは相手の「表情」のことを指しているわけだからね。目の部分が出ているから「マユをひそめる」という表現も、結局マユと連動して顔全体の表情を見てそういう表現になるのであろうから、「顔」というパーツはいろいろ表現するのに大切だ。だから、肝心な商談ごとなどの打ち合わせでは、ホントに「顔色をうかがい」ながら話を進めていくので大変重要だ。
 そんなこんなで、今日も打ち合わせがあったんだけど、目だけでお話しようとしても、やっぱり難しいねぇ。オイラに「眼力」っていうものが備わっていれば、目だけで話ができるのかもしれないけどね。そうだ、タイプの女性を目で口説けるような訓練でもしようか。
 ま、冗談はおいておいて、そんなワケで、みなさんも体調は気をつけてください。とにかく、来週に持ち越すのは今回に限って「仕事」だけにして、風邪はこの土日で治そう!と決意する「オイラのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-04-13 21:27 | ●オイラのひとり言