自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

手袋をはく?~ちょっと豆知識(方言編)

 気が付くともう今年も1ヶ月を経ってしまった。今日から2月。2月も28日しかないからあっという間に過ぎるんだろうね。オイラといえば、年を越したとかそんなの関係なく、月のコトバを借りればまだまだ師走って感じ。いや、通年師走か?でも、先生のような立派な人間ではないからただただ要領悪く走り回っているだけだろう。
 さて、そんなんで、あちこち営業まわりも兼ねて歩いていると、「?」と思う北海道弁に気付くことがある。まぁオイラも大学から北海道にいるんだけど、今回のちょっと豆知識は北海道のコトバ編ということで、ひとつご紹介しよう。
 北海道弁もどちらかというと標準語に近く、オイラの出身地の栃木のようになまりはあまり感じられない。だから逆にオイラがしゃべっているほうがよく分からんなんていわれることもあるけどね(酔っ払ったり、慣れてきたりすると栃木弁が出るそうだ。イントネーションが違うんだけどね)。ま、話をもどして、で、寒くなるとマフラーにニット帽子、厚手のコート、そして手袋も必需品だよね。みんな手袋をするときどんなコトバを使う?くつ下は?そう「はく」って言うよね。実は、北海道では手袋も「はく」っていうんだ。一般に手袋は「手袋をする」とか「手袋をはめる」とか「つける」とか言うでしょ。
a0064927_2351659.jpg
 う~ん、北海道人は手も足だ?ってことではないとは思うが、でも北海道どこいってもみ~んな「はく」って言うね。オイラもすっかり「手袋をはいてっと・・・」な~んて普通に使ってる。帰省したときも「はく」って使ってるみたい。住めば都、馴染んじゃうんだね、やっぱり。ということで、北海道に旅行に来たときは、手袋は「はく」ものだと覚えましょう。今回の「ちょと豆知識」でした。でも、なんで手袋は「はく」んだろうか?誰か知っている人います?もし知っている人いれば教えてください。
[PR]
by agtec | 2007-02-01 23:53 | ●ちょっと豆知識