自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

そりゃぁまだ寒いわ

 いや~、久しぶりに今日は旭岳が見えて午前中は空が晴れていた。日差しもよく、ちょっと地元の感覚になっちゃうけど、不思議と氷点下の気温でも暖かいほうだ。とくに家の中にいたら日光のひかりで温められてホントに気持ちいいくらいポカポカ。もちろん車の中も暖房もイチバン最小限にしていてもいいくらい日中は暖かい。さすが太陽さんだね。そんなもんだから、今日のお仕事は事務所で事務処理が主なので、何を勘違いしてか、薄着でいいやと、中に半そでのTシャツと、軽いシャツを羽織っただけの格好だ。しかし、しかしだ。以前も書き込みで書いたけど、この時期って大寒中の大寒、寒さがイチバン厳しくなる時期。旭川でマイナス41℃って日本最低気温を記録した1954年もちょうどこの時期だ。とくに内陸部で盆地は放射冷却で、夕刻になれば一気に気温が下がってくる。今23時現在、オイラの事務所は町はずれのちょろっと小高いところにあるんだけど、会社の外の温度計でマイナス18℃。外に出るとそりゃぁ寒いわ~。さすがにこの格好はなめていた。
a0064927_23394565.jpg
 しかし、みんな北海道って寒い寒いっていうけど、ほとんど家の中や移動も車だったりするので、実は外にいる時間が極端に少ないことと、家の中が暖房でポカポカしているので、そんなに寒さっていうのは実は感じてないんだね。でも、さすがに、今日のオイラの格好は寒い・・・。ただの「ひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2007-01-27 23:42 | ●オイラのひとり言