自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ライブも無事に終わったが・・・。

 今回は「オイラのひとり言」ということで、個人的な書き込みになるけど、この日曜日、ご案内していたとおり、東川町の音楽イベント「チャリティーコンサート2006 Live De Paty in X’mas」にバンドとして参加してきた。いやぁ~、大勢のお客さんにきていただきありがとうございました。オイラのバンドはオイラが作詞・作曲したPOP調のオリジナル曲を6曲ほど披露したんだけど、初めての参加だからななのかねぇ、アンコールのコールをもらったりなんかして、良かったよって言ってもらった。みんなお世辞がうまいよねぇ。ま、オイラも誉められて育つタイプだからさ!?でも楽しんでいただけたんなら良かった。でも、オイラといえば、地元の知っている人ばっかりだったので、逆に緊張してしまって、実は足震えながら演奏してたんだけどね。もう、なんでか分かんないけどガチガチだった。おかげで、かなり間違いまくってしまった。オリジナルだから分からないと言ってももらったけど、やっぱりさ、練習通りにうまくいかないとさ、「しょぼ~ん」としてしまうよね。

 さて、話が変わるわけでもないんだけどね、そんな楽しかったライブも終わったんだけどさ、そういえば世の中はクリスマスムードいっぱいだなぁと思ってさ。TVでも雑誌でも、仕事中流れているラジオからも、「クリスマスはどーする、あーする」って話題が否応なしに流れてくるしね。今回のライブも、タイトルに「in X’mas」って入っているだけに、クリスマスソングを披露したバンドや、サンタクロースの格好して会場を盛り上げたり、なんと「サンタガールズ」という可愛いおねぇちゃんたちもサンタクロースの衣装着たりして、男どもを沸かせてくれたけどさ。
 たぶん・・・。たぶんだけど、今年のオイラのクリスマスっていうイベントは、この日のライブが唯一のクリスマスとして年を越していくんだろうなぁ~。
a0064927_21402989.jpg
 「ひとりもん」っちゅーのは、こんなときホントさびしくなってしまうよね。友達とかも、もうこの年だと家族持ってたり、まぁカップルの友人もいるけど、クリスマスの日にオイラなんか構ってくれないしね。ま、ちょっとひねくれ的な書き込みになっちゃったけど、普通に何事もなかったかのようにオイラは過ごしていると思うな。そして、今年はちょうどイヴが日曜日だったりするから、普段の日曜日とはちょっと違って町はにぎやかなんだろうね、きっと。別にクリスマスだからどーこーってわけではないんだけどさ。でもね、北海道に来てからは雪もあるし必ず「ホワイトクリスマス」でしょ。やっぱり、西洋で生まれた文化だからか、クリスマスって雪が似合うよね。栃木の田舎もんのオイラはこんなんでも思わずワクワクドキドキしてしまうんだな。はぁ~、ひまな人、一緒になんかやりますか?!と、ホントの意味での「オイラのひとり言」になってしまったけどね。
[PR]
by agtec | 2006-12-19 21:41 | ●オイラのひとり言