自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ついつい・・・。

 先週の打ち合わせの件はなんとかまとめあげながら、今日は週の初めということもあって、まぁいつものように、なんだかんだで仕事が遅くなっている。仕事で帰りが遅くなりそうなときは、決まって近くのスーパーなんかに行って夕食を調達しに行くのだが、そういえば久しく自宅でご飯炊いてないなぁ。コンビニも近くにあるっていえばあるが、スーパーに行くのは、19:00以降にもなると惣菜コーナーの商品にたいてい値引きが起こるからだ。財布に聞いてみても「スーパーのほうがいいよ」と答えてくれる。
 まぁ、惣菜の種類はというと残りものっていう感じのものしか余っていなかったりするけど、半額とかになっていると本当にスーパーの惣菜は魅力的だ。値段もそうだが、お腹も減っていることもあって、ついつい多く買ってしまって結局普通に弁当を買う金額以上になってしまうこともしばしば。だってさ、弁当以外のものも値引きになっているからフライとかポテトサラダとかさ・・・、そんなおかずっぽい惣菜ものは晩酌用の肴として一緒に買っていってしまう。下手すりゃ朝ご飯用として翌朝にまわすこともあるが。まぁ、そんなこんなで今日もスーパーの惣菜弁当で夕食をすますことにしたんだけど、レジでの支払いのときのお話だけどさ、みなさんも経験あるんじゃないかなぁ。とくにオイラのように独身の方々は。
 レジで支払いをするときに、こう聞かれる。「お箸は何膳おつけしますか?」って。そんなときついつい「・・・に・・・2膳ください」って言ってしまうのだ。・・・・・なんだろうね、レジのおばさんや後ろに並んでいる人は決してそんなことは思っていないと思うが、「あら、やだ。この人こんなに食べるのかしら」とか「ひとり暮らしの方かしら、かわいそうね」とか(ひとり暮らしは当たっているが)、あらぬことを思わず考えてしまう。
a0064927_2343227.jpg
 「2膳ください」と言ったオイラの心理も、「そうそう、友達が来ているからさ、頼まれたんだよねぇ」とか「罰ゲームで負けて買いに来たんだ。」とか、そう、きっとそういうことだ!と分けも分からない解釈をつけて自分を納得させ、早々と支払いを終わらしてそこから立ち去る。で、結局ひとりなんだけどさ。オイラの会社や自宅には、そういってもらったスーパーの割箸がたくさんあるのさ。ハハハ・・・、さびしいくらい笑えない「オイラのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2006-12-04 23:10 | ●オイラのひとり言