自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

素材撮影は大変だぁ~!

 いや~。ここんとこホントに帰るのが遅い。自分の要領の悪さもあるのだが、ただいま通販サイトリニューアルの中、イメージ写真や文言の作成を行っていて改めて「伝える」ってホントに大変だなぁと思う。オイラのこのブログも何を伝えたいのかよく分からないままとりあえず日々頑張って書いているが、みなさんにはどのように伝わっているのだろう?「また中田のくだらねぇ話でも見てみようか」なんて思っていただいているのなら本望だ。あんまり中田ブログに期待はしないでね。気ままに書いているので、見たい人は気楽に見てもらいたい(そんな閲覧者は多くないけど・・・)。
 さて、それはさておき、そう、物事を伝えるってホント大変ということで、特にイメージ写真は重要だ。ただいまその通販サイトの商品イメージの撮影を空いている時間を見つけては撮影しまくってる。広告代理店の人とか、カメラで食べている人はほんと凄いと思うね。オイラといえば前にも書いたけど、写真機をどう操ったらいいかよく分からないので、とりあえず頭のイメージと似た構図に近付けられように、物理的にファインダーを覗いた角度でただ単に撮っているだけだ。間抜けな話だけどさ、なんかねぇ、接写とかしてると暗いからだろうね、急に自動的にフラッシュが「パシュッ」とついて、撮影された素材は当然フラッシュの光にかき消されモノが写っていなかったりするんだよな(接写とかみんなどうやって撮っているのだろう)。そんなこんなで写真機に操られながら、とりあえず頑張って撮っているんだけど、どうやらこの要領の悪い頑張りが帰宅時間を遅くしているようだ。
a0064927_2312167.jpg
 撮った素材をHP用に加工をする作業もまた時間も食っている。デジカメでの撮影では、素材がデジタル化になるので、構図を自由にトリミングしたり、色調を変えたりもできるから最近は凄いよね。でも、そのもとの素材がしっかり写ってないとその作業もやりずらい。よしっ!うまくいったと思ったら殆どピンボケしてたり。なんとオートではなくマニュアルになっていたこともあった。そうなんだよな。そんときは写真機が壊れたのかと思ったけど、違ってたんだよな。あ~、こんな初心者もしないような失敗を結構しているからなかなか帰れないのは当たり前かと思う今回の「オイラのひとり言」でした。
[PR]
by agtec | 2006-11-17 23:00 | ●オイラのひとり言