自分の心の火が揺らついているとそれを整え直すのに「他」の「火」にあたりにいきたくなるもの。民俗学では「旅」を「他火」と書くそうだ。そんな「他」の「火」にあたりながら考察する「夢多(ムダ)」の多い日誌。


by agtec
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
a0064927_2254089.jpgみなさんこんばんわ。今回は日本の最北端「稚内」に出張で来ております。いやー、先日の台風並みの低気圧の影響で、稚内地域もたいへんな雪です。それにしても、やっぱり遠いですね!旭川から特急で来ても4時間はかかります。日本最果ての地、いろんな意味で魅力的ですね!写真は、終着駅の「稚内」のひとつ手前の駅「南稚内駅」の看板です。繁華街といえば、この南稚内駅周辺がにぎやかだとか。

さてさて、そんな稚内を中心としたエリアを北海道では「宗谷支庁」と呼んでいるのですが、宗谷支庁主催の「管内ファームイン研修会」が開催されます。グリーンツーリズムの推進を図るために、滞在型観光のススメとして、農家によるファームイン、農家民泊の受入体制を整備していくきっかけにしていこうというもので、旭川周辺でグリーンツーリズムや教育旅行における農業体験の受入コーディネートをしているオイラの会社で、事例を踏まえた講演をしてくださいと依頼され、話下手(笑)なオイラが講師としてお話することになっています。

宗谷管内の産業は、やはり1次産業が盛ん。水産業をはじめ、農業、林業、そして、最果ての地としての観光産業。しかし、どの地域もそうだが、これらの産業も下火になっているのが現状。そこで、グリーンツーリズムの持つ可能性をきっかけに、交流人口を増やし地域を元気にしていこうという気運を高めていくためのひとつとして、とりわけ農業者を対象とした研修会を開催することになった。

農業といっても、このあたりは殆どが酪農。米や野菜をつくれる土壌と気候ではなく、酪農家でありながら、ほとんどの人が米を購入するといった農業地帯。しかし、このような酪農専業地帯でも大地に根をはって生活をしている農村環境を知ってもらい、体験などを通して農業、農村の理解を深めてもらいたいという潜在的な期待感はそれぞれの農家さんがもっていることもあり、支庁としてはこの気運を高めていきたいというのが狙いだ。

と、いうわけで、毎回告知が直前告知になってしまって申し訳ないが、明日!2月25日にファームイン研修会を行いますので、管内をはじめ興味のある農家のみなさま、関係者のみなさま、是非足を運んでいただければと思います!

<開催内容>
■日時 平成21年2月25日(水) 13時~15時30分
■場所 豊富町町民センター 小会議室(1階)
      (天塩郡豊富町上サロベツ2010番地 TEL:0162-82-2784)
     ※参加人数により別室への変更あり
■主催 北海道、宗谷支庁
■共催 豊富町
■対象 農業者、観光関係者、JA、市町村等
■日程
12:30~ 受付
13:00~ 開会
13:00~ 挨拶 宗谷支庁産業振興部農務課長 上杉昌巳
13:10~13:50 情報提供「ファームイン開設の手続き」
       北海道経済部観光のくにづくり推進局主任 杉原浩二
13:50~14:30 事例紹介「農家民泊の持つ可能性~上川中部地域におけるファームステイ推進について」 
       講師:(有)アグリテック 中田浩康
14:30~14:40 休憩
14:40~15:30 質疑応答
       ゲストコメンテーター (有)アグリテック 中田浩康
       ゲストコメンテーター ファームインぶんちゃんの里 小川文夫
       コメンテーター 北海道庁 杉原浩二
15:30  閉会


・・・と、いうわけで、宗谷地域のみなさん!是非参加してみませんか!?


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2009-02-25 03:00 | ●お知らせ
去年のオイラの自慢できることは風邪をひかなかったコト。しかも会社も皆勤賞!といっても日々お仕事詰めだったので、実は風邪をひいていて、ただ気付かなかったことが多かっただけかも・・・。

しかし、やっちまった。ついにオイラの身体も悲鳴をあげ、風邪でダウン。2月に入ってから身体の調子が悪く、先週中頃から熱が出始め、週末にはベッドの中でうなされていた。ストレスか食あたりか、吐き気があり何度か嘔吐もして丸2日動けなかった。でも、たまたま週末をはさんだので、この時期たてこんでいる仕事も影響も少なかったんだけど、週明け病院に行こうと思ったら、気分が少し落ち着いてきたので、オイラの野生の自然治癒力と白血球君に頑張ってもらって、無理しない程度にお仕事をすることでしのぐことにした。

オイラの治療はポカリ療法。とりあえず水分補給が第一!というわけで、ペットボトルを買い込んで、カロリーメイトとポカリと、市販の風邪薬で過ごした。しかも運よく今週は間に建国記念日の祝日があったので、風邪をこじらせているわりにはそれなりに休みもとれたりして、仕事とうまく調整しながら体力の回復が図れているような気がする。といってもね、まぁ、相変わらず仕事がたてこんでいるわけではあるんだけど。何がそんなに忙しいのか自分でもよく分からないけど、いえることは要領がよくないってことかしらん?

・・・と、いうわけで、流行に敏感な仕事をしていることもあって、とりあえず風邪の流行にはのってみたものの、のらなくてもいい流行もありますね。みなさんも気をつけてくださいね。オイラも大事をとりながら、無理しない程度にホドホドにいきますわ!


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2009-02-13 23:24 | ●オイラのひとり言
 ただいま札幌に出張中です。今日の午前中まで東京に出張してて、旭川に戻ってから仕事をこなして、そのまま札幌に移動してきました。今回は「教育ファーム事業」のお知らせです。
a0064927_2321697.jpg

 これまで、何度かオイラのブログでも紹介してきた平成20年度農林水産省「教育ファーム事業」(実施主体:農文協)におけるモデル実証地区の取り組みの成果の検証と、来年度以降の取り組みの継続に向けた課題解決として一般参加も含めた「教育ファーム 成果発表会・交流会」が開催されます!その第1弾が、北海道ブロック。道内12の団体が今年度モデル実証地区となり、農家さんや市民、学校らと連携しさまざまな農業体験や食農教育の取り組みを行なってきました。
 オイラも、農文協の北海道ブロック地方事務局として、みなさんの取り組みをサポートしてきました。さまざまな取り組みを発表してもらうことになっています。是非、みなさんも参加してみませんか?参加費は無料です。っていっても、また直前告知か~い!!・・・すんません(^_^;)。

<開催内容>
■期日 平成21年2月2日(月)
■場所 KKRホテル札幌 3F鳳凰
札幌市中央区北4条西5丁目
TEL:011(231)6711
■参加費 無料
■開催内容
【第1部 実践報告会(10:30~12:30)】
○報告1 市民農園を新たな地域交流の場に(都市部の農地を活用した教育ファーム)
報告者:中田喜三男氏(市民体験農業を考える会)from 札幌市
○報告2 教育ファームはJA青年部の出番!
報告者:佐藤正浩(十勝高島農業協同組合青年部)from 池田町
○報告3 分班訪問型で足元から地域農業を発見
報告者:水上明子(子ども農業体験塾運営委員会)from 旭川市
○報告4 今日からあなたも農家の仲間入り(親子で土に触れる感動体験の仕掛け方)
報告者:三田村雅人(由仁ふれあい農業小学校)from 由仁町
【第2部 テーマ別分科会(13:30~16:30)】
2つの分科会に分かれて全員でざっくばらんな意見交換・活動のヒントに。
○テーマA:実践の勘どころ(質を高める実践手法)
○テーマB:継続のための環境づくり(団体間のネットワーク、公募・PR方法、経費等)
※テーマAではオイラがコーディネーターでみなさんの進行をしますよ!
■お問い合わせ 
○北海道農政事務所 TEL:011(642)5474
○「教育ファーム推進事業」事務局(農文協) TEL:03(3585)1144
○  〃  北海道ブロック地方事務局((有)アグリテック内) TEL:0166(82)0800


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2009-02-01 23:43 | ●お知らせ
a0064927_19141280.jpg いまオイラの会社では、都会の人が農家に宿泊しながら農作業体験を行なう「農家民泊」の受入農家の普及を進めており、昨年から旭川市でも市農政課さんと一緒に市内の農家さんを対象とした受入説明会を行なっています。今回は旭山動物園のあるエリア東旭川地区の農家さんを対象に行ないます。

 近年、都市部の住民や教育現場で注目を浴びている農業体験や農村生活体験。癒しやゆとりやすらぎなどを農村へ求める一方、農村側も生産の現場を知ってもらいたいこと、また農村地域の活性化を目的に、都市と農村の交流(グリーン・ツーリズム)が広がってきています。とくに、ここ数年は本州からの修学旅行での体験が多くなってきており、総合的な学習の時間の設置と、修学旅行自体が体験型に変わってきていることから、とくに農村の持つ教育力に注目が集まってきています。子どもたちや都会の人にゆっくり滞在しもらって農家の生活を通した農村交流を図りながら地域の魅力の発信をしていきませんか?
 
 農泊を受け入るには旅館業の許可が必要となります。許可取得も農業者であれば規制緩和で取得しやすくなっており、また旭川市では複雑な手続き窓口を一本化し許可をとるためのサポートをする体制ができています。説明会ではそのような窓口のお話や許可に必要な設備、手続きについての説明があるほか、オイラのほうで体験の受入のポイントや実践事例などをお話させていただきます。是非、農泊受入で旭川の農村の魅力を発信していきませんか?

【詳細日程】
■期 日 平成21年1月22日(木)
■時 間 13:30~
■場 所 JA東旭川会議室(旭川市東旭川)
■内 容 農家民泊説明会
       ・農家民泊と受入実践について(有限会社アグリテック:中田浩康)
       ・取得手続きと開業にあたって(旭川市農政課)
■対 象 東旭川農協組合員及び市内の農業者の方
       また、農家民泊に興味のある方
■お問合わせ 旭川市農政課農政係 TEL0166(25)7417(担当:及川)


(追伸)
・・・と言ってももう明日の話だけど、新年に入ってから何かとバタバタ続きで、気が付けばブログも更新していなかった。結局、相変わらず「バタバタ」な日々を過ごしております(;´ο`)=3 。と、いうわけでちょっとブログ更新サボリすぎてましたので、日々更新できるように余裕をもった仕事をしていきたいと思います。


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2009-01-21 19:23 | ●お知らせ
a0064927_18131648.jpg
 
 みなさま、明けましておめでとうございます。正月休みは家で引きこもりに徹していた中田ヒロヤスでございます。今年も残すところあと360日となりました。って始まったばっかじゃないか~い!とひとりつっこみを入れつつ・・・。
 と、いうわけで、今年もいろんな出会いを通して、驚きや発見、気付き、感動・・・、といったみなさんのココロの「火」に遠慮なくあたらせていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。

・・・と、いった感じで今年のブログのはじまりです。
[PR]
# by agtec | 2009-01-05 18:19 | ●本日の話題
 みなさん、こんばんわ。大晦日の夜はいかがお過ごしでしょうか?2008年も残すところあとわずかですね。今年さいごの挨拶をしようと思ったら、ウチのチョッパーが先に書いてたなぁ。ま、今月はホントバタバタ忙しくしてたから、そりゃぁチョッパーから愚痴も出るわな。ま、今月だけではなくいつもバタバタしているわけで。来年こそは「バタバタ」から「バタ」ぐらいに落ち着きたいものではありますわ。

 というわけで、ここ数日旭川周辺は雪、雪、雪・・・・。連日雪に見舞われている。事務所前もしかり、オイラの家の前もしかり。雪かきに追われる日々が続いてますね(あ、そういえば、北陸、とくに金沢地方や京都の北のほうって「雪かき」のこと「雪すかし」っていうんですって。ちょっと豆知識でした)。で、ひとりもんのオイラにしてみれば、クリスマスもこの年の瀬も寂しいもんで、仕事でできなかったクリスマス(といっても関係ないかもしれなけど)、ひとりで過ぎ行くこの年の瀬と・・・。穴の空いているココロのスキマに少しはあたたかい演出的なものがあってもいいのではとひらめいた。この雪かきをしてたまった雪山に、ちょっと穴を掘って、ロウソクなんかつけて入れてみた(下写真)。
 う~ん。幻想的。少しココロが和みましたよ。今にも消えそうな小さなロウソクの火だけど、見ていてなんかホッとします。火はずーと見ていても飽きないね。太古の昔ヒトが火を持ったときの感動がDNAに摺りこまれているからだろうか?
a0064927_195455100.jpg
 オイラもまだ小さな火かもしれないけど、この小さな火を大きくして、そして炎になっていくような年に来年はしたいものです。ちなみに、情熱は常に燃えてはいるんだけど、いつも不完全燃焼なんだな。
 ブログのタイトルにも「他火」ってつけてるけど、いろんな出会い、同じ志をもった人との語らい、仲間、友人、家族、それぞれのココロにともっている火に今年も温まらせていただきました。と、なんかブログタイトルにかけてうまくまとめようとしているオイラではありますが、なにはともあれ、みなさんに感謝します。今年1年ありがとうございました。そして来年もよろしくお願いいたしますね。
 
・・・と、いうわけで、みなさん、よいお年をお迎えください。


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-12-31 20:20 | ●オイラのひとり言
a0064927_10562424.jpg オレの名前は「チョッパー」。・・・というらしい。このブログの持ち主「中田ヒロヤス」にとりあえず飼われてやってあげている黒猫だ。
 若い頃に無理やり去勢させらちまったけど、オスだ。
 猫っつーのは、この肉球があってなかなかパソコンのキーが打ちづらい。
 今回も飼い主へのウップンがたまってきたので、2008年の締めくくりに一言書かせてもらうわ。

 12月っつーのは人間界では「師走」とも言うんだってなぁ。「忙しくて師匠も走る」というような由来があるようで、年末だしな、忙しい月でもあるわけか。ま、家で毎日ゴロゴロしているオイラにとっちゃ関係ねぇ話だが。
 
 そんな飼い主のヤローも何が忙しいんだか、今月は殆ど家にいなかった。先日も1週間くらい出張だといってどっか関西のほうへ行ったらしいが、その間オイラのエサといえば「また山盛りにしていきやがるのか」と思ったら、飼い主もオイラにビビッってんだろうな。知恵をつけやがった。オイラのエサ番を人に頼んでいきやがった。どっかの飼い主とは違って毎日オイラにエサをあげにきてくれるもんだからよ、もうそっちについていこうかと思ったが、いかんせん、猫っちゃー、人見知りをするもんで、慣れた頃にはバカ飼い主が帰ってきやがった。なかなか中田ヒロヤスとは縁が切れんわなぁ。
 
 で、出張から帰ってきたかと思ったら、残業だか残尿だか知らんが、今度は仕事がたまってるとかで帰ってきやしねぇ。帰ってきたかと思えば、いつものようにシャワーを浴びて着替えて、また事務所に戻るみたいな感じの日々。この前なんかは事務所で寝るんだかなんだか知らんが、毛布まで持っていきやがった。ま、こんな感じで12月の半分はほとんどオイラはひとり寝よ。気楽なもんだ。

a0064927_11144680.jpg で、この飼い主、久しぶりに家に帰ってきやがったんでオイラは「フン」と相手をしないつもりだったんだけどよ。悲しいかな。テメーら、「猫草」って知ってるか?ま、人間界で言えばサラダみたいなもんよ。サラダといっても、ビタミンとるとかそんなんでもねぇーけどよ。オイラたちは毛づくろいするだろう。その毛を吐き出すのに、こういった草を喰うわけだ。オイラの身体のことだけど、詳しいことはよくわからん。ネコの専門家にでも聞いてくれ。で、この飼い主、その「猫草」なんか買ってきやがった。相手にするかと思ったんだけどよ、久しぶりの猫草に興奮しちまってよ。気付けば飼い主にいいように扱われてしまったわ。コンニャロメ。

・・・と、いった具合でよ。ま、今回はこの猫草に免じて愚痴はこのへんにしておくわ。なんか、年の瀬だというのに、この飼い主バタバタしててよ。大掃除くらいしろってんだよ。机の上には、まだ白紙の年賀状が無造作に置かれているしよ。こんな状況なんで、テメーらに届く年賀状はだいぶ遅れるかもしれんな。
 ま、そんなこんなで、飼い主より先にご挨拶させてもらうわ。テメーら、よい年を迎えな!また、来年も飼い主へのウップン、「チョッパーのひとり言」で書かせてもらうのでよろしくな!


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-12-31 11:29 | ●チョッパーのひとり言
a0064927_20591890.jpg オイラの会社で提供しているスノーシュー体験には、いろんなコースを設定している。ロープウェイを使った「旭岳中腹コース」、旭岳の温泉街周辺を散策する「原生林コース」、そしてもうひとつ人気のコースがある。それが「天人峡コース」だ。このコースでは、自然ガイドのベテラン中のベテラン、塩谷さん(写真)にお願いしている。コースは天人峡といっても天人峡温泉にむかう途中にある「くるみの沢」がおもなコースの舞台となる。

a0064927_2142811.jpg さてこの天人峡くるみの沢コースは、旭岳の各コースとは違って、北海道によくみられる里山を歩くような感覚のコースだ。しかし、ここは日本最大の国立公園の中にある天人峡。手付かずの里山の原生林を堪能できる。旭岳は標高もあるので植生が限られるが、天人峡コースでは大小50~60種の樹木がみられ、いろんな植生とそこに棲むエゾモモンガやクマ、キツネ、鹿などの野生動物たちの息づかいを感じることができるコースでもある。中でも、塩谷さんは密林の中にある巨木を探す名人でもある。巨木を前にすると自分の存在や自然との関わりなど考えさせられる反面、ココロがリフレッシュさせられるという。以前体験メニュー作成時に同行させていただいたが、オイラも確かにそう感じた。これはみなさん一見、いや一体験をオススメしますよ。

・・・と、いうわけで、簡単にコースについてふれてみましょうね。

■エゾ鹿の被害
 近年、北海道も鹿の繁殖が多く、畑などのもたまに被害を及ぼすことがある。食べ物不足なのか、個体数が一気に増えたのか定かではないが、冬は食べ物がなくなると鹿は木の皮をはいで食べ物にする。写真はつい最近鹿に食べられた木。木の皮がはがされると木自体の生命力も当然弱まる。あまりにもこういった被害が目立つようになると、森が森ではなくなるので山を管理する団体などは、木一本一本に鹿が食べないよう網を張ったりもする。自然界にもいろいろバランスが大切だ。
a0064927_21432621.jpg

■クマの爪あと
 そして、ときにはこんなものも。みなさん下の写真分かりますか。そう、クマの爪あとです。この写真は12月中旬に同行したときに撮影したものですが、まだ新しい爪あとです。今年は12月上旬まで暖かかったこともあり、最近までエサ探しでクマが出没していたんでしょうか。もう、この時期は冬眠に入っているので大丈夫ですが、夏に山に入るときはクマよけ用のスズなどをつけて入りましょうね。
a0064927_2120321.jpg

■森のブランコ
 そして、自然界はわれわれを楽しませてくれるものあります。下の写真分かりますか?これは、長~いツルが木から木へつたって、だら~んと地上近くまで下がっているもの。ここに人が乗ってもちぎれません。そこで、写真のように森の中のブランコとして遊ぶこともできます。楽しいですよ!
a0064927_21224998.jpg

■森の神様
・・・と、木を観察しながら動物の息遣いも間近に感じながら、くるみの沢をたんたんと進んでいくと突然巨木が現れます。
a0064927_21264894.jpg
 林野庁の「森の巨人たち100選」にも選ばれているカツラの巨木。「森の神様」です。推定樹齢900年!!!幹周り約12m。地上2~3m付近から発生した3本の主木が円形に合体して、ひとつの株を形成しています。圧巻です。

a0064927_21314727.jpg 

※ちなみに夏の様子はこんな感じです。いかにも神様って感じですね(HP「道北の釣りと旅」より)


■スノーシュー体験限定ランチ!
 と、いった感じで森の散策も進んでいきます。1日コースの体験ですが、お昼は近くのスローフードなレストランでランチとなります。手作りのパンと、ジャム、旬の野菜を使ったスープにサラダ。少し冷えた身体を温めてくれます。本体験のみのランチメニューです。みなさんも是非体験してみませんか?a0064927_2149468.jpga0064927_21491797.jpg
(スノーシュー体験でのランチメニュー。右はエゾモモンガを模したクッキー)


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-12-30 21:52 | ●体験観光レポート
a0064927_23175983.jpg 今年最後の週末は旭岳でのスノーシュー散策体験の申し込みの対応で追われた。この日3組の参加者が2コースに分かれて体験を行なった。オイラはコーディネーターとしてガイドさんの手配を行なうのだが、この日はお客様の宿泊先も違ったり送迎やらレンタルやらで、オイラもガイドさんのお手伝いに山まで上がった。旭岳もここ数日の荒れ模様の天候で雪の量はたいへんなものだった。旭岳温泉の各ホテルの駐車場は朝から晩まで雪かきに追われているようで、それでもまだ雪は降り積もっていく・・・。

a0064927_2351975.jpg さてこの日旭岳の原生林コースのガイドには、池永さんが担当した(赤い帽子をかぶっている方)。池永さんはベテラン中のベテランガイド。夏冬関係なく山のことなら任しておけという安心できるガイドさんです。年齢も感じさせないアクティブなガイドに参加者のほうが逆に驚くということも。

a0064927_2381549.jpg もう1組は今回うちからの手配は初となる愛澤さんと東倉さん(青い帽子の方と黒い帽子の方)。大雪山系自然ガイド「大空と大地」のメンバーの方。きさくなガイドさんたちでおもしろおかしくガイドしてくれる。今回、お客さんの希望は旭岳中腹コースの散策だったのだが、この日ご承知のように日本列島大荒れで、あいにく旭岳中腹に向かうロープウェイが強風のため運休。旭岳温泉と姿見駅の間にある天女が原付近での散策となったが、さすが北海道最高峰の山。雪の量がハンパじゃなく、ラッセル状態での散策。なかなかこういった状態の散策もできないので、お客さんに聞いたところいい体験になったと満足していただけたようだ。

 昼食をはさんで午前午後と1日コースの体験なのだが、その間オイラはというと旭岳ビジターセンター内でパソコンを持っていってたので、ひとり黙々とお仕事させていただいた。
a0064927_23141365.jpg
 ビジターセンターは年の瀬ともあって、客数も少なく静かな環境。外を見れば旭岳の雪景色。しんしんと絶えず降る雪と旭岳高原の静けさにひたりながらお仕事をすすめるのでありました。


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-12-29 23:22 | ●体験観光レポート
 今日は旭川から車で約1時間ほどにある、とあるK町へ社長と一緒にまちづくり関係のお仕事ででかけてきました。今、オイラの会社で、とあるプロジェクトを仕掛けようとしているんですが、今日はその第1回目の集まり。町の担当者をはじめ、地元の有志の方々に集まっていただき、今回のプロジェクトについての企画の説明と意見交換をおこなってきました。地域資源を活用し交流人口を増加させ、地域の活性化につなげていこうというもので、そして一方では地域再生というキーワードのもと、地元のみなさんが主人公になるようなまちづくりのお手伝いをしていこうというもの。具体的な話はまだブログでも紹介はできませんが、今回古くから町の活性化にご尽力されて活動されてきたみなさんに集まっていただいたので、いろんな意見が聞けました。
a0064927_271932.jpg
 19:00~の会議だったのですが、予定にあった会議レジュメが一通り終わると、いつの間にかお酒がでてきて、お酒も入りながらの車座会議となりました。さきほどの会議とは一変し、お酒の力も入って、あーしたらいいとか、こーしたらもっと面白くなるとか、より具体的、かつ斬新な意見も飛び交い、まるで子どもにもどったような屈託のない話で会場はにぎやかになりました。
 まちづくりにおいては、こういった場は必要です。お酒の席だからこそ無礼講で本音も出る。その本音の部分がまちづくりにおいては大切なことがけっこう多いものなんですね、実は。こういった地元のみなさんの意見を集約しながら、プロジェクトを進めていく予定です。軌道にのりはじめたら、今回のプロジェクトについてご報告しますね。
 ・・・といいつつ、結局日付も変わる0:00近くまで盛り上がり、事務所に戻ってきたのはもう午前2:00。お酒の席といっても、オイラは今回ドライバーでもあり飲んだ社長を丁重に?送らなければならないこともあるのでお酒を1滴も飲めず(´_`)。でも次回の会合で仮にお酒が出てきても今度は社長がドライバーになってくれると言ってくれたので、オイラが飲む番でいいそうです(^-^)。連日日付が変わってのお仕事です。でもこういうみなさんに逆に元気をもらいながら仕事ができるので楽しいです。


↓1日1回「ポチッ」となっ!
北海道人気blogランキング参加中 
[PR]
# by agtec | 2008-12-26 02:31 | ●まちづくり関係コラム